スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シェアオフィス「SO!新宿」のオープンキャンペーン
JUGEMテーマ:ビジネス
お洒落で居心地の良い共有オフィス作りをめざしてスタート以来丸8年を経過して、シェアオフィスの老舗とも言われるSO!は、初の新宿エリア進出を記念してSO!SHINJUKUの月額会費を10〜20%オフするオープンキャンペーンを始めることしました。


new01[1].jpg



キャンペーンは来週4月23日(月)〜2012年6月末までの入会の方に、2012年12月までの月額会費を下記の通り減額させて頂く内容です。


但し、現在、SO!SHINJUKUでは、1人用ブース席と2人用ブース席が各1席、その他フリー席しか空席が残っていない為、満席になった時点で当該キャンペーンも自動的に終了となりますのでご了解お願い致します。



◆SO!SHINJUKUオープン記念キャンペーン詳細


・キャンペーン対象者
 2012年4月末〜6月末迄の契約、又は入会の方


・キャンペーン期間内の月額会費(消費税込
 1人用ブース席 52,500円→42,000円
 2人用ブース席 94,500円→
84,000円
 フリー席 34,650円→31,500円
 (注)但し、共益費、又はロッカー費用は通常通りとなります。


・キャンペーン期間  2012年12月分まで
(注)キャンペーン終了後も継続ご利用の場合は、2013年1月以降は通常の会費となります。 
 


上記キャンペーンに関するお問合せ、及びご質問は下記SO!事務局までお願いします。
 


◆SO!事務局 
 新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F  tel 03-5367-6030 
 e-mailinfo@sharing.ne.jp
  お問合せはこちら


 

| シェアオフィス | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
新宿のお洒落な貸会議室

先月新宿地区にオープンしたシェアオフィス「SO!SHINJUKU」では、貸会議室(レンタル会議室)として外部の方にもサービス提供をしている。 そこで、新宿の貸会議室の主なものをいくつかWebで検索してみると、


◆駅から徒歩2分の立地と使い易さを特色とした「新宿の格安貸会議室」というキャッチコピーのCROSSCOOPでは、

1)6〜12名用(1時間)   5,000円〜
2)20〜30名用(1時間)   9,000円〜


◆36名〜180名が利用できる中・大会議室が中心のハロー貸会議室

1)36名用(1時間)      6,300円
2)100名〜180名(1時間) 15,750円〜29,400円


◆「安くて綺麗な貸会議室」がキャッチコピーのファースト貸会議室は、

1)36名用       半日:29,800円  終日:34,800円
2)41名〜70名用  半日:39,800円  終日:54,800円
2)70名〜用     半日:69,800円  終日:79,800円


◇「新宿駅徒歩3分の格安セミナールーム」を強調したR3C会議室は、

1)6〜10名用(1時間)     3,000〜5,500円
2)10〜15名用(1時間)     2,500〜4,000円
3)29名まで(1時間)       6,500円


と、各社サイトでは料金以外に、可能な設備やサービス内容や、及びレイアウトや室内の写真が掲載されている。


格安なのか、綺麗なのかは 利用される人の判断に任せるとして、これらの会議室はどこも貸会議室やレンタルをメインにした施設と言うことで、シェアオフィスをメインの事業としたSO!の貸会議室とは料金体系やインテリア面で違いがあるのは仕方ないとしても、単なるセミナールームや会議室でなく、お洒落な会議室や多目的利用に適したレンタルスペースを探している方には、コストパフォーマンスにも優れたSO!レンタル会議室がやはり薦めだね!と言いたくなる。

shinjuku_mp.jpg  


shinjuku_mt.jpg 

◆SO!SHINJUKUの会議室の利用料金

1)12名用中会議室(1時間) 2,940円   終日 21,000円
2)24名用多目的室(1時間) 5,670円  終日 36,750円


 
| シェアオフィス | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!新宿の素敵な貸し会議室ご案内
JUGEMテーマ:ビジネス

先日、当コーナーでシェアオフィス「SO!SHINJUKU」のご案内に続き、お洒落なSO!新宿の貸し会議室についてのご案内です。

SO!では、現在、汐留地区(東新橋1丁目)と大森駅前で貸し会議室を運営しているが、3月からは『SO!SHINJUKU』でも、会議利用だけでなくイベントやパーティーなど多目的なご利用に対応した多目的室と、12〜13名でのご利用が可能な広めのミーティングルームをご用意している。

詳細は、SO!SHINJUKUのオフィス同様に、今月末正式アップ(現在は旧来のサイトにて代用)のSO!新宿会議室サイトをご覧頂ければ幸いですが、お急ぎの方は、下記ご利用料金や設備などをご参考にお申込み頂けます。 


◆SO!SHINJUKU 多目的室(MP-Room)

s-MP-Room.jpg 

・現在の予約状況確認&お申込みサイト(代用サイト
http://www.sharing.ne.jp/meeting/12.php


・住所 新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F

・席数 24席(ミーティングテーブル6台/イス24脚) 最大:30席

・ご利用料金  1時間     5,400円+消費税
          4時間    20,000円+消費税
       終日(9〜18時) 35,000円+消費税

・設備   ホワイトボード/スクリーン(常設)
       プロジェクター:有料
・ドリンク   ホット コーヒー/日本茶はフリー 冷たいドリンクは有料


◆SO!SHINJUKU 中会議室(Meeting-Room)

s-Meeting Room.jpg 

・現在の予約状況確認&お申込みサイト(代用サイト
http://www.sharing.ne.jp/meeting/13.php


・住所 新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F

・席数 12席(+講師席 1席)

・ご利用料金  1時間     2,800円+消費税
          4時間    10,000円+消費税
       終日(9〜18時) 20,000円+消費税

・設備   ホワイトボード/スクリーン(常設)
       プロジェクター:有料

・ドリンク   ホット コーヒー/日本茶はフリー 冷たいドリンクは有料       
    


◆上記会議室に関するお問合せ、及びお申込みは下記SO!事務局まで

SO!事務局 e-mail info@sharing.ne.jp
               tel     03-5367-6030

 

 

| レンタル会議室 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ついにお披露目!『SO!SHINJUKU』
JUGEMテーマ:ビジネス
 

先月末2/25(土)、東京マラソン開催日前日に水道橋、四谷、新橋から急ぎ引越し、2/27(月)から業務を再開した『SO!SHINJUKU』。
サイト完成前一足先に、オフィス内を写真と共に簡単にご披露させて頂こう!


SO!が初めて進出した新宿エリア第一弾の「SO!SHINJUKU」の特色とは、

1)地下鉄3路線とJR中央線の色々なアクセスが可能な立地

住所:新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F
靖国通り沿いで元新宿厚生年金会館手前の交差点「新宿一丁目北」。アクセスは、新宿御苑駅の1番出口から真っ直ぐ北に徒歩3分の他、丸の内線/都営新宿線/副都心線の新宿三丁目駅からは4〜5分の距離。JR東南口改札なら徒歩10分。


2)SO!が拘ってきたシンプルでお洒落な空間+景観の良さ

床と天井は黒色、壁は白と木目で配色されたお洒落な色合いのエントランスを抜けると、三方に窓が配置された大変明るいオフィスエリアや多目的室から、新宿のメイン通り「靖国通り」が一望出来、実際のスペース以上の空間が広がる。

◆シンプルな配色のラウンジは落ち着きと清潔感のある空間

s-Rounge&MP-Room.jpg 


s-RAUNGE2.jpg


◆何より明るくて景観の良い執務エリア

  s-Office2.jpg


3)会議/ミーティングスペース

ソファーやハイテーブルが配置されたロビーの他に、ゆったりスペースの12人用の「MT-Room(中会議室)」と、予約時間外はフリー利用が可能な「MP-Room(多目的室)」は大変明るく、セミナーやイベント会場など多目的な用途に対応。


◆中会議室(小規模セミナー室にも。講師+12席)

  s-Meeting Room.jpg


◆明るさと景観が魅力な多目的室(日頃は第二ラウンジとして利用)

  s-MP-Room.jpg


その他、ビルの立地環境としては、当ビル1Fはベローチェ新宿二丁目店。数分内の新宿御苑駅周辺にもTULLY'S/SUBWAY/ベローチェ/カフェなど都心で馴染みのカフェが目白押し。サイトでご紹介のお薦めランチ店(美味しくて安い!)も3〜4分内に色々なメニューのお店が揃っている。


以上、SO!新宿を簡単にご紹介させて頂いたが、オフィスや会議室のご利用料金等詳細は今月末完成予定の『SO!SHINJUKU』にてご確認頂ければ幸いです

但し、急ぎ情報をお求めの方は下記までお問合わせ下さい!

◆SO!SHINJUKU及び、SO!に関するお問合わせ先 

SO!事務局 e-mail  info@sharing.ne.jp
               tel  03-5367-6030   fax 03-5367-6031
               担当 北村(mobail  090-2223-3796)

| シェアオフィス | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
短期のシェアオフィス利用
通常2年を基本契約にしているSO!が、今回下記のオフィス限定にて短期でのシェアオフィス希望者向けに、契約期間:3ヶ月〜9ヶ月の利用サービスをスタートさせた。

◆対象となるオフィスは新橋駅徒歩3分のSO!Shiodome139
住所:東京都港区東新橋13-9 楠本第六ビル3F


◆SO!汐留の短期契約の特色 

1)ゆったりしたロビーとフリーミーティングスペースや会議室が充実している為、接客や来客が多い業種にも向いている。

11[1].jpg


2)設備
共有のカラー複合機(コピー・プリンター・FAX各機能)、プロードバンドが利用可能。但し、デスク・イス・キャビネット、電話は入居者各自で負担

  09[1].jpg   08[1].jpg  

《広いロビーを含め、フリーミーティングスペースや会議室は充実》

04[1].jpg   10[1].jpg

3)ご利用料金

今回の募集は短期契約を基本にしている為、初期費用及び月額会費とも大変安価な費用でご利用頂ける。

◇会費などの諸費用
・入会金  31,500円/人  
・保証金  1ヶ月分
・月額会費 1人ブース     42,000円(消費税、共益費込)
        2人ブース     73,500円(消費税、共益費込)
        3人ブース     94,500円(消費税、共益費込)
        個室(3〜5人)   168,000円(消費税、共益費込)

◆上記短期利用に関するご質問/お問い合わせはSO!事務局まで
SO!事務局 新宿区新宿2-15-22 S2ビル8F 「SO!Shinjuku」
tel 03-5367-6030  e-mail info@sharing.ne.jp

JUGEMテーマ:ビジネス
| シェアオフィス | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!の個室シェアオフィス情報
JUGEMテーマ:ビジネス
 

前回、シェアオフィスと『所有から利用への社会』と言うタイトルの記事を投稿したが、それに関連して、丁度一年振りの空室となるSO!の個室オフィスの紹介です。


《SO!の個室情報》 

SO!Suidobashi02」の個室に空室発生!


s_DSCF2213.jpg


1年振りの空室発生となる当該個室は、6〜8人席での利用が可能なスペースで、家具や備品は入居者にご用意頂くこととなるが、入居時の内装工事は不要で、隣の部屋には、下記のような自由に利用可能なミーティングスペースや16〜24席の会議・セミナー室が付いている。
 

s-main_img12[1].jpg  

s-s-画像 164.jpg


◆SO!Suidobashi02 個室オフィス費用の概要
 (2011.10.30現在)

 ・入会金・保証金   各330,000円 

 ・月額会費  220,000円+共益費:3,000円/人

 ・水道光熱費  実費

 ・個室スペース  33m2(10坪)

 ・家具・備品   なし

 ・付帯設備    喫茶コーナー、ミーティグルーム、会議室  


毎月の会費(通常の家賃)は10坪で22万円となるので、坪単価から見れば、都内のオフィス賃料が下がって来ている現在ではけっして安くないが、初期費用が安いことや、内装が仕上がっているので入居後すぐに仕事が始められるメリットは大きい。

又、退室時も、賃貸オフィスビルからの退室に比べれば簡単で原状復旧工事も不要で、1/3〜1/4のクリーニング費用だけで済む。さらに、社員10人以下の企業の場合は、事業業績や景気の波に合わせて契約スペースを増減して行くと言う選択肢もあるので便利である。


上記、シェアオフィス「SO!Suidobashi02」の個室の入居利用は来年から可能となりますが、事前に内覧をご希望の場合は下記までご連絡下さい。


◆SO!事務局の連絡先 

e-mail:info@sharing.ne.jp
tel 03-3573-1212  担当:北村 (090-2223-3796)

| シェアオフィス | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シェアオフィスと「所有から利用へ」の社会変革
JUGEMテーマ:ビジネス
 

都内のオフィス賃料が下がる一方、ビルの空室率も改善していない原状では、まだまだ不動産市況は不景気である。


個人事業者やSOHO事業者向けのオフィスやサロンなど、シェア施設の企画運営が本業の「SO!」は所謂不動産業ではなく、どちらか言えば、労働市場とか雇用環境に左右される方が多い業種なので、現在の不動産不況がそのまま影響することはないが、余りに空室が多く、ビル賃料も安くなってくると、シェアの形態ではなく、一社単独でビルに入居する事業者が増えてくる。そうなると、やはりSO!のようなシェアオフィスにも不況の影響は出てくることになる。


その他では、不況や生産コスト削減を理由とした海外移転企業が増え、雇用環境が悪くなる中では、個人起業や、一部の事業部門の分割・閉鎖に伴い数人で部門独立するケースも多くなり、それらの事業者がシェアオフィスに入居することになるが、一方で、国内景気が今のまま長期化すると、逆に、折角独立しながらも事業閉鎖や縮小と言う選択をせざるを得ない事業者も出てくるくるので、なかなか状況は読みづらい。


いづれにしても、個人や小規模な会社にとっては、大きな固定費であるオフィス賃料の削減は重要課題である。


私は、以前から、社員数が50名以下の企業では、単独でオフィスを賃貸せず、シェアオフィスという選択肢は十分あり得ると言うか、コスト面だけでなくスペース効率などメリットが多いと当ブログでも言ってきたが、今のように先がどうなるか判りづらい経済環境下では、シェアオフィスを選択することは良策ではないだろうか。



《所有する》から《利用する》へ!

共有からビジネスを生み出す新戦略


s-画像 140-2.jpg


昨年12月に日本でも発売され、話題になった『SHARE』(シェア)と言うタイトルの翻訳本では、今後の人や物の動向をこのように主張している。

この事をSO!流に解釈すれば、この本で紹介されているように、いろいろな分野のシェアが可能になってきたのは最近のネットメディアの隆盛に負うことは事実としても、シェアオフィスのように、他社の社員同士が日常的に顔を合わせる環境は、個人や少人数の会社にとっては、仕事上のコラボや情報交換が増え、適度な親密感や緊張感の中で仕事が出来るメリットは大きいと言える。


何事も企業秘密として囲い込む時代から、開かれたオフィス環境下で、相互に交流し協働する時代が、確実にやってきているのである。

| シェアオフィス | 14:35 | comments(0) | trackbacks(3) |
セカンドライフの為の男の居場所「SLOW」始動!
JUGEMテーマ:ニュース

以前から、早期の企業退職者や定年退職を迎えたシニアが気楽に楽しんで利用できる「男の居場所」があれば面白いだろうと思っていたが、震災後の今春、古くからの仕事仲間から声を掛けられ打合せを重ねてきた「男の居場所」が、ついに来月11月からプレオープンすることとなった。
毎週水曜日10:00〜18:00


セカンドライフの為の男の居場所

SO!cial  Landing  Office  Work

『SLOW(すろー)』11月よりプレオープン



登録会員は、特段、退職者やシニア、或いは男性に限定するつもりはないが、中高年男性に比べ、若者や女性はフットワークが良く、ネットワーク作りも早いから、今から新しいシェア施設を作るなら、やはり、『男の居場所』でしょう! と考え、各々世代が違う男数人でひっそりと進めてきた「SLOW」。メンバーからのメッセージは、


◆今、何故「SLOW(すろー)か?


長期間、企業社会の中で戦ってきた企業戦士は、退職により仕事中心の人間関係から開放され、家族や友達・地域との身近な付合いを始めることになるが、数ヶ月の骨休め期間が過ぎると、のんびりした自由な日々に戸惑いを感じ始め、『さて、これから何をして長い時間を過ごせば良いのか?』と不安になってくる。

個人事業者向けのシェアードオフィス「SO!」を長年運営してきた実績を基に、(有)ワークプレースミューコムは企業退職者(早期退職者や定年退職のシニア)の為のセカンドライフに向けたランディングオフィスとして、企業に代わる、新しい仕事や生甲斐に繋がる情報交換や仲間作りの場(=「男の居場所」)をオープンしたいと考えました。


こんな感じで、先ずスタートすることになった「SLOW」はどんな場所な
のか?簡単に言ってしまえば

会社や家庭に居場所をなくした男たちが、新たなセカンドライフに向けて始動する為の「男の居場所」


と言うことになる。


具体的には、オープン後の登録会員数やメンバーによりその中身が違ってくるとは思われるが、先ずは、多くの方に『SLOW』を知ってもらい、プレオープン期間(来月11月〜来年1月の3ヵ月)に会員登録をして利用を始めて頂くことが肝要である。

水は高低差がないと流れがなくなり澱む。
同じように、人も年齢や性別に段差がない仲間内だけで交流を続けていると、刺激のない心の状態になり、新しいアイデアや意欲が失せていくものです。

その意味で、SLOWは退職者やシニアの交流の場であっても、女性や若者など幅広い方々にも注目され、相互に交流や支援を考えられる場になれば、真に豊かなセカンドライフに繋がる『男の居場所』になるだろう。


そんな事も考えつつ、SLOWはどんな場所になるのか?その利用方法をいくつか揚げてみると、

◆SKOWのいろいろな利用


◇企業社会を離れた新しいコミュニケーションの場
◇自宅や地域以外での、都心活動拠点として利用する
◇今までのキャリアを生かしたセカンドビジネスのアイデアを考える場
◇仲間との情報交流やビジネスコラボにより、新しい仕事にチャレンジする場
◇趣味や特技を生かしたセカンドライフを楽しむ場
◇SLOWの会議室やギャラリー会場を利用したセミナーや写真展/書道展を開催
◇同年代男性だけでなく、若者や女性とも交流しながら新たなコミュニケーション力を付ける場


まあ、そんな感じになるのかなと考えています。

企業社会を離れた男性は、家庭や地域以外には極端に交流の場が少なくなり、 新しいコミュニケーションに臆病になることが多いので、「SLOW」としては、セカンドライフの仕事や仲間作りの為にも、リタイア後のコミュニケーションに注力し、

会員個々が好きな分野の勉強会やセミナーを自主開催したり、写真や書道などの企画に積極的に参加頂く一方で、SLOW事務局では、来年2月からユニークなフリーペーパー(現在、試作中!)を毎月発行し、その中で「オヤジのわくわく写真展」(仮称)等を常設し会員の情報発信を支援して行きたいと思っています。


例えば、こんな感じで。

s-panelimg.jpg


以上、ざっと、新しい男の居場所「SLOW」をご紹介しましたが、今後も順次、下記の「Slow Blog」サイトに情報をアップして行きますので、今後ともSLOW情報にご注目頂ければ幸いです。


◆Slow Blogサイト
http://blog.livedoor.jp/so210/ 

| インフォメーション | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!寺子屋第二段ビジネス講座
JUGEMテーマ:ビジネス


昨日11/28(土)、SO!寺子屋の二番目のビジネス講座が始まった。


先日の、「地球温暖化対策とビジネスチャンス」(講師 八城正幸さん)に続いてスタートしたのは、「よろずや講座〜マルチキャアリアなビジネスパーソン養成講座〜」(講師 RBC 野村和生さん)


第一回は、『よろずや準備講座〜くれど塾/自分の価値観を振り返る〜』(特別ゲスト講師 中島幸一郎さん)だった。


11.28ビジネス講座.jpg


先日のビジネス講座同様に、昨日のビジネス講座も受講者数はまだまだ少数ではあるが、その分、SO!寺子屋のコンセプトでもある、「学びのコミュニティー」と言うことでは、まさに、少数精鋭ではないが、少数ならではの、初めての参加者同士でも心を通い合わられる、和やかで家庭的な学びの場になっいたように思う。


先々、事業と言う事を考えれば、運営事務局としては、ある程度の受講者を集めた講座も期待したいが、講師と受講者、或いは、受講者同士の活発なコミュニケーションが見られる講座風景は、やはり、「SO!寺子屋」のめざす『楽しく学ぶ大人の教室』の良さにするべきかな?と、昨日改めて思った次第。

尤も、昨日の『くれど塾』(クレドとは、信念とか心情を意味するラテン語ということである)は、まさに、講座そのものが、参加者が自分のやりたい事や価値観をクレドとして表記し、それをお互いに発表し合うという内容だったので、尚更、受講者同士のコミュニケーションが活発であったのだが。。。


ともかく、私自身も
前回と昨日の講座、都合4回すべて参加して感じたのは、「学ぶ」と言う事は、一方的に講義を聞くことではなく、聞いて、話して、確認し、伝え合うという事がすごく大切なんだと言う事である。


正に、学びとはコミュニケーションであり、コミュニティから生まれるものではないだろうか!


これから、年末に向け、又新年から新たな門出として、SO!寺子屋講座から、より充実した「学びのコミュニティー」が生まれるように皆さんのご参加をお待ちしています!


受講登録料(入会金)無料キャンペーン中!


受講申込みはこちら  
バナー「寺子屋受講申込み」.jpg

| カルチャースクール | 23:19 | comments(5) | trackbacks(0) |
SO!寺子屋であなたの講座を開きませんか!

新しいカルチャースクール(大人の教室)として、今月よりスタートした『SO!寺子屋』では、自分の講座を開設してみたい方を募集しています!


so寺子屋_logo付2.jpg


受講者が興味を持てる内容であれば、ビジネス、日本の伝統文化、現代文化、生活一般など、原則として講座分野は問いませんので、取り合えず、「SO!寺子屋」にて講座開設を希望される方は、SO!事務局までご連絡下さい。


又、SO!寺子屋
で講座を開設する前段階として、参加自由のセミナー(寺子屋カフェ)を開催希望される方には、SO!事務局までセミナー概要をご連絡頂ければ、内容を確認審査の上、座席数:16人席の下記「寺子屋第二教室」を無料貸出し致します。

 SO!事務局  info@sharing.ne.jp  TEL03-3573-1212


◇寺子屋第二教室(SO!Suidobashi02セミナー専用ルーム)

SO!Suidobashi第二教室02.JPG   SO!Suidobashi 第二教室03.JPG

JUGEMテーマ:ビジネス

| インフォメーション | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/12PAGES | >>