CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
週末起業とシェアオフィス
個人や少人数で起業しようとする場合のビジネス拠点の確保には、自前でオフィスビルを賃借する他に、自宅での起業やレンタルオフィスに入居する方法があるが、最近では、シェアオフィスと言う選択肢が注目されつつある。

世界同時不況と言われ、国内の雇用市場も不安定になりつつある昨今は、10年前のリストラの嵐が復活しそうな勢いで、非正規雇用者だけでなく正規雇用の社員も安心できない状況の中、先ずは、週末起業と言う形態で、新しい自身の仕事探しを始める人も増え始めている。

このような週末起業をめざす人々にとっての「ビジネス拠点=仕事場」として、自宅での開業や一般のレンタルオフィスへの入居より、シェアオフィスを利用した場合の具体的なメリットについて考えてみよう。

現状のシェアオフィスに週末起業家が多い訳ではないが、シェアオフィスは上手く利用すれば、既に起業している人や会社と自然に情報交流が図れるし親しくもなれる。それにより、起業した場合の楽しみやリスクについても、起業の先輩たちと身近に接することで、自身の独立起業時に多いに参考になる。

これが、自宅での開業や、個室タイプで入居者間の交流が少ないレンタルオフィスの場合では、黙々と自身の事業をこなす分には何も問題はないが、日々、同じような仲間や起業家との情報交流を図る機会となると、ほとんど期待できないだろう。

自社のビジネスが軌道に乗った後では、それは大きな問題でないかもしれないが、週末起業と言う「起業への準備段階」では、新たなネットワーク作りと共に、自社のビジネスモデルを検証する意味でも大きな価値があるだろう。

そう考えれば、週末起業を始めるに当たって、まず、SO!のようなシェアオフィスをいろいろと当たってみる事をお薦めしたいと思う。さらに、業種や起業の在り方によっては、シェアオフィスだけでなく、SO!が手掛けるシェアサロンや井戸端コミュニティに於いても、同様に、空間や施設をシェアしながら利用するメリットは大きい。

シェアオフィスのロビーを利用した作品展

そんな事から、最近メディアに取上げられる事が多くなった「人や物を無駄にしないと言う意味で、不況下でのシェアリングビジネスの再評価」と共に、週末起業家にとっての『週末起業道場としても、シェアオフィスやシェアサロンの存在価値は大きいだろう。

JUGEMテーマ:ビジネス


| 起業すると言う事 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
起業の心構え
非正規雇用者の突然の契約打切りや、大学生の内定取消しなどの「企業の雇用問題」が、経済問題として又、政治問題として連日各メディアで取り上げられている。

これらの緊急を要する雇用問題は、年明けの経済状況によっては、正社員の立場をも危うくしそうである。そうなると、先日も、当オフィスブログでも触れたように、事の良し悪しは兎も角、退職して独立起業を考えざるを得ない状況も自然と増えてくる。

私自身も、10年前、景気の悪化に伴い勤めていた会社の事業部門が閉鎖することとなり、急遽「独立起業」を選択せざるを得ないこととなった。そこで独立後10年を経過した今、起業する、或いは、会社を設立するとはどういう事かを私なりに考えてみたいと思う。今後、「独立起業」を考える方々に少しでも参考になれば幸いかな、である。


社会に出て会社勤めしかした事がない人にとって、初めての独立は大変なプレッシャーである。昨日まで、毎月一定の収入が確保されていたのに、一気に「収入ゼロ」になるのだから穏やかではない。扶養家族があったり、会社を退職するのも初めてという場合には尚更大変な事になる。

営業の経験が長く、マーケットも熟知していると言う自信がある人でも、果たして、独立後に従来の取引先が継続してお付合いして頂けるかは多いに不安なのである。ましてや、専門技術や豊富な経験があっても、どうやって仕事を取ってくれば良いのか途方に暮れると言う人も多いだろう。

そのような中、独立して一人で仕事を始められるかどうかは、当然ながら日頃からの心構え次第と言うことになる。

●常に、自分なりの「仕事のやり方」を生み出せるように努力を怠らない。
●会社の業務以外に、自分の得意分野を見つけ育てる。(例 週末起業)
●会社の看板無しで通用する自分の「売り」を作る(人脈・人間性・専門知識など)
●社外の「交流の場」にも出来るだけ参加して、幅広い「視野」を養うようにする。
●自分が本当に好きな事(仕事)が何かを、常に考えておく。

以上のような、心構えというか、準備が出来ている人は、急な退職の場合にも、何らかの対応が可能となるだろう。つまり、決まった収入に安穏と過ごしていたり、お金の為に仕方なく仕事をやっているような仕事振りでは、いざと言う時に「一歩を踏み出す事が難しくなる」という事である。

会社の仕事でも、常に自分なりに工夫して改善努力を怠らない一方で、得意(好きな)分野にも注力し、時には、新なた刺激や情報を求めて社外交流の機会を多くする。という事などは、起業をしないケースでも大切な事である。

さらに、いざ起業となった場合には、既にこれだけ多くの事業分野が存在する中で、新たな起業を行い事業継続して行くには、『使命感をもった事業分野』と言う視点が重要となる。

使命感を持った事業とは、平たく言えば、「世のため、人の為」になる事業である。事業(ビジネス)として成立する為には、どのようなものでは「何かの役に立つもの」には違いないが、『儲けてなんぼ!』の考え方ではなく、『どうしたら人や社会に役立つ事が出来るか!』と言う視点が、これからのビジネスでは不可欠になるだろう。

同時に、「現在の成熟社会」に於いては、立場や年齢や性別によって様々なニーズが存在するから、それらの多様なニーズを個々に知ること、そして、どのニーズに事業照準を合わせるべきかをよく考える必要がある。個人や小人数での「起業」の場合には、マーケットの絞り込みも重要な選択である。

私が独立起業した10年前と比較しても、現実のグローバリズムの中で、いつどこから、経済不況や雇用不安の大波が襲ってくるかもしれない最近の状況は、好き嫌いでなく、常に、「自分に合った仕事を生み出す」努力を怠ってはいけない状況だと言える。


最後に手前味噌になるが、このように、「起業」や「会社設立」という大きな決断に当たり、起業仲間を知り、多様なニーズに触れ、自社の事業分野を確立させる為にも、シェアをコンセプトとした『SO!』が提供している、シェアードオフィス、レンタル会議室、美と癒しのシェアサロン、そして、仕事も暮らしも楽しむSO!Nagaya」というコミュニティなどが、少しでも、起業前後の皆さんのお役に立てれば幸いである。

JUGEMテーマ:ビジネス


| 起業すると言う事 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
起業とシェアオフィス
昨日、マスコミ各社が、麻生政権の内閣支持率の調査結果を発表していたが、各社とも30%を大きく割込む急落振りであった。と言っても、この自民党や麻生内閣の凋落は麻生さん個人の問題と言うより、国民の大きな支持を得たとされた小泉改革から流れの中で考えるべきだと思う。余りに実態を無視した机上の改革祭りの中では、遅かれ早かれ、このような事態は予想可能だったのではないだろうかと思う。

それに伴い、経済界でも、大学生の採用取り消しや、大手企業各社の非正規雇用人員の大幅削減だと言う報道が盛んであるが、米国サブプライムローン問題に端を発した世界経済不況の波が、直接関係なさそうに見えた国内の非正規社員の生活を真っ先に直撃するとは、まったく困ったものである。

ところで、このように企業業績が落ち込んでくると、非正規社員ばかりでなく正規雇用の社員にも影響が出てくる。その結果、高齢者のリストラが盛んに行なわれた時同様、好むと好まざるに関わらず、「独立起業」を視野に入れるサラリーマンも多くなるだろう。


独立起業する場合には、どこかにオフィスを構えることが必要になると言う意味で、SO!のような施設運営のビジネスは、このような景気の時に逆に需要が多い傾向にある。 そこで、このような機会に、起業や会社設立時のオフィスについて「SO!」なりの見解を述べてみたいと思う。


十分な準備期間を設けて会社設立をする場合は、オフィスに関しても、色々調査し検討した上で決定する事が出来るが、急な退職やその他で、急ぎ起業するケースでは、資金事情や準備期間などの問題もあり、取りあえず、SOHOスタイルで始めようと言う事になると思う。

しかし、SOHOスタイルで、例えば、「Home Office」として自宅をオフィスにする場合、仕事エリアへのアクセスや、家族がいる自宅での「打合せ場所の問題」など、厄介な事情が出てくる。一方、小さなマンションやビルを賃貸して「Small Office」でスタートする場合は、今度は、ビル賃貸時の保証金や内装・家具の費用、さらにはOA機器や通信設備の為の経費が、1〜2人用のオフィスでも100万円程度覚悟しなければならない。

そう考えると、取り合えずは、最近各地区で増えてきた「レンタルオフィス」が、初期費用も1/5程度で済むから、これを利用するのが賢明だと言う話になるが、一口にレンタルオフィスと言っても運営形態やコンセプトが色々あるから、どのようなオフィスを選択すれば、自社に一番好都合なのか?を考える必要がある。


そこで、ここからが今日の本題である。

私が思うに、レンタルオフィスやサービスオフィスは大体次の3つに分かれているようだ。

1)取りあえず、ローコストで利用出来るオフィス。(個室/非個室タイプ)

2)創業用オフィスとして、企業成長を支援する各種サービスを重視したオフィス(秘書サービスや経営支援を特色にしている)

3)お洒落さや、居心地の良さをめざしたコミュニティ型オフィス


そして、SO!がめざしているのは、「居心地の良いコミュニティ型」である。

シンプルでスタイリッシュなシェアードオフィスをめざして、開業時より『SO!』とネーミングしたが、もう一つのSO!の特徴に、オフィス入居者による自主管理型オフィスと言う一面がある。これは、ローコストでの運営の為もあるが、自社単独でオフィスビルを賃貸した場合の日常管理業務を考えれば、シェアオフィスと言えども、何らからの自主管理は必要であると言う考え方に基づいている。

オフィスの入居者や利用者(SO!の会議室は外部レンタルもしている)への信頼をベースに、原則として、「自主管理」をお願いしていると言うところが、SO!の運営管理に於ける『隠し味』と言っても良いかもしれない。

何故なら、『起業する』とか、『独立して会社を設立する』と言う事は、当然ながら、あらゆる事を自分でやらなければならない訳であるから、経営セミナーで簡単に自社ビジネスのコアを教えてもらえる訳ではないのと同様、日常管理業務などを誰かに頼る気持ちは、俗に言う「サラリーマン根性」と言わざるを得ない。

逆に、そういう世話人がいなければ、来客者の対応や宅急便の受取りなどの日常業務は、入居者同士で、お互い様として助けあいながら何とか運営出来るものである、と、SO!は考えている。 又、このような相互支援は、一時注目さてていた「フラットな組織形態」に通じるところがあり、ピラミッド型の管理型組織より格段に、内部のコミュニケーションが盛んになるハズであるとも思っている。

つまり、色々な考え方があるとは思うが、SO!のめざす方向は、運営者によりオフィス管理を強化する方向ではなく、良しも悪しくも、入居者や利用者の自然な協調の中から、自在な「仕事関係」や「人間関係」が生まれる環境作りなのである。その為には、居心地の良い空間と常識ある人々によるシェア(共生)が必然であるが。。。

それを、我々は「コミュニティ型シェアオフィス」と呼び、「長屋井戸端コミュニティ」や「ながやしんぶん」などを通して、情報交流や情報発信などを行なっている。

この様に、SO!は、単に場所を提供するレンタルオフィスでもないし、講師による経営セミナー等の事業支援も行なっていないが、こんな、SO!のオフィス創りに賛同頂けるSOHO事業者や個人起業家、或いは、急ぎ会社設立を迫られた方々には、是非、SO!のシェアードオフィスを一考して頂ければ幸いである。

JUGEMテーマ:ビジネス


| 起業すると言う事 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
「もったいない」とシェアビジネス
今回は、シェアをテーマとした事業はビジネスになり得るか?と言う問題を考えてみたい。

「SO!」と言うシェアオフィスを都内6ヶ所で事業展開してきて、今更という気がしないでもないが、先日、SO!オフィスブログでもご紹介したが、先週末土曜日(7/26)、丁度汐留のSO!長屋で「井戸端納涼祭」を開催した日、朝日新聞の朝刊「Be」版『もったいないが広げるシェアリングの輪』という特集記事が掲載され、その中の空間のシェア事例として「SO!Shiodome139」が取上げられた。



そこで、シェアオフィスを4年以上事業展開してきて、この機会に、我々日本人には伝統的意識として馴染んできた「もったいない」と言う事とシェア(共有や共生)との関係を考えてみようと思った次第である。シェアは「もったいない」の精神を土壌や背景として拡がってきたとした場合に、そのビジネスは果たして収益を目的とした現代のビジネスコンセプトに合致するのかどうかと言う事である。


我々が子供の頃と言えば、昭和30年代になるが、その頃は、両親は勿論、周囲の大人から、何かにつけて「もったいない!」と言う事をいつも聞かされていた。食べ物を残したり無駄にした時だけでなく、例えば、頭の良い子供があまり勉強しない時や、家の手伝いもしないでブラブラしている時にさえ、「もったいない」と言われた。

要するに、物でも人でも能力でも、無駄に遊ばしたりして、それが本来有する能力を十分に使っていない状況は、すべて「もったいない!」と言う事である。

ビジネスに於いては、お金や物の活用、人材の活用、空間の有効利用等、その機能を十分活用出来ない場合は、まさに「もったいない!」と言うことなのである。

そこで、空間を有効利用すると言う事は、その空間をどんな施設にすれば一番有効なのかと言う事と、同時に、その施設を無駄なく活用するには、出来る限り空き時間を無くす事を意味するが、どんな施設を作るかの点では、SO!がめざしてきたシェアオフィスやシェアサロンと言う形態は、一つの有効な形態であると思われる。そして、出来るだけ空き時間がないように活用すると言うことでは、入居会員以外の外部の方々にも会議室やイベント施設として利用して頂くける「SO!のレンタル会議室」は的を得た「仕組み」だと思っている。

そう考えると、シェアオフィス事業を始めるに当たって「もったいない」を活かそうと言う思いが明確にあった訳ではないが、案外、私自身や仲間の中に、知らず知らずに、そんな意識が働いていたのかもしれない。

しかしながら、このように、物や人を無駄にしないで活かす為には、みんなで共有するとか、助け合うなどの共生思想がベースとなっている為、これが、利潤を追求するビジネスとして、上手く馴染むかどうか?ということになるとかなり難しい問題であると言わざるを得ない。

「儲ける」気持ちが強すぎると、シェア(共生)をテーマとした事業は上手く行かない気がするのである。

ここに、シェアビジネスの本当の難しさがある。

それでは、シェアビジネスとは一体何なんだと言うことになるが、それは、朝日新聞の記事のように、もったいないと言う気持ちで、人や物や資源を大切に無駄なく利用することを第一義とし、その共生の場を通して、利用者の仕事や暮らしが豊かになるお手伝いをする事業と考えるしかない。 だからと言って、SO!は「NPO」をめざしているわけではないが。

「収益が上がらないものは事業とは言わない」と言うのも、事業者にとっては重要な言葉であるが、シェアビジネスに於いては、最初に「儲け」ありきでなく、収益はその結果であり、大きな収益をめざす事は根本的に自己矛盾なのかもしれない。

しかし、シェアビジネスでは、「金銭的な成果」の代わりに、多くの人との出会いや交流に恵まれ、いづれ、豊かな人材の集う場所として人的な果実を生み出す。競争や格差社会のアンチテーゼとして、これからは、仕事にも暮らしの場にも、このような多くの人が共生する場は不可欠となるだろうし、逆に、そこから新しいビジネスの形が見えてくることも期待できると思う。

シェアをテーマとしたビジネスとは、このような、人との出会いや交流を第一義とした新しいビジネスの形であるようだ。









JUGEMテーマ:ビジネス


| 起業すると言う事 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
起業女性の新お仕事サイト
SO!の周囲には、色々な形で仕事をしている女性達が多い !

今日はその中で、仕事内容を多くの方に知って頂きたいと、最近、自分のHPを更新したり、ブログを公開した女性で、私自身も大変興味深く感じた、お二人の働く(起業する)女性のユニークなお仕事サイトをご紹介したい。

今回ご紹介するのは、薬剤師の中森さんとフードセラピストの杉山さん。お二人とも、健康と食と言う意味で、共通したテーマでお仕事をしている方々である。

◇中森さんのブログサイト&プロフィール概要
現役の薬剤師であり、「薬剤師の立場から、医療や医薬品のコンサル、及び健康になる料理のセミナー」を開催している「ゆりの園」代表の中森玉美さんのブログサイトです。

http://www.mycm.mobi/my/special.php?mc_id=NQbqTfu86N&e_mode=p

中森さんのゆりの園は、丁度一年前にSO!オフィスブログでもご紹介したが、現在は、SO!井戸端コミュニティの会員で、SO!Shiodome139内で、定期的な医療相談やセミナーを開催していると同時に、珍しいサービスとして、病院に同行し医師との面談に立会ったり、病院で出された医薬品などについて、詳細かつ、具体的な電話アドバイスも行なっているようである。

一般の我々は、病気にならないと病院には行かないし、いざ具合が悪くなると、どんな病気か心配のあまり、医師の診断時にも的確な症状を聞き出せなかったりする人が結構多いようである。そんなときに、薬剤師と言う専門の医療従事者が身近な相談相手として同行してくれるのは、かなり心強い。その他、病気ではないが、日頃の食事や生活態度に関しての気楽な相談者としてとしてお付合いする(コンサルタント契約を結ぶ)ことも出来るようである。ご自身や家族に、このようなご相談事を抱えている方は是非ご相談されたら如何でしょう。


◇杉山さんのHP&プロフィール概要
いかにも新鮮で健康的な香りのする杉山さんの「和の里」のサイト

http://sugiyama-emiko.com/index.html



杉山映美子さんはフードセラピストとですが、フードセラピストとは、健康に良い食事にスポットを当てた料理研究家と言うことだろうと思う。ご本人のプロフィールには下記のように紹介されている。

-------------------------------------------------
東洋医学に基づいた食養
食を通して大切な人に何ができるか?
と問いかけから始まったフードセラピー
自然の力に生かされている。
東洋医学、精進の心から食を作り出す。
海、山、野花とふれあい
「いただきます。」の心を伝えていく活動をしている。
---------------------------------------------------

杉山さんは、色々な場所で広く活躍されていますが、SO!が企画運営しているお台場コラボレーションサロン311に、『お台場お台所/杉山映美子のお台場キッチンステージ』をオープンされている。
今月から新しく開校された講座にはまだ空きがあるようなので、自然環境と食が地球レベルでの重要なテーマとなっている現在、単に美味しく食べるだけの「食」ではない杉山さんのお台場キッチンステージは意義ある料理教室であると思う。


今回ご紹介した、中森さんと杉山さんのセミナーや相談会に参加ご希望の方は、各々のサイトからご連絡をしてみて下さい。それ以外のご質問やお問合せは、下記のSO!事務局までご連絡頂いても結構です。

SO!事務局
e-mail:info@sharing.ne.jp   TEL:03-3573-1212 北村


 
JUGEMテーマ:健康


| 起業すると言う事 | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
新起業家像『SO!今月の顔』
念願だった、SO!の多才な人物紹介レポート『SO!今月の顔』第一回が本日よりスタートした。

SO!のオープンなオフィス環境や入居者同士の自在な関係を称して、SO!は江戸長屋的共同体などの見方が、個人的に大変気に入っている。そこで、それにちなんで、「SO!今月の顔」の掲載サイト:SO!テナントブログのタイトルとデザインを下記のように一新した。




文字通り、SO!長屋にズームイン しながら、SO!スタイルで、独立起業する楽しさや厳しさを含め、起業するとはなんぞや?を考えながら、SO!の仲間の素顔を毎月1〜2人程度レポートして頂こうと思っている。

その取材記事を担当頂くのは、出版編集オフィス(有)麻布小寅堂の代表者で、大手新聞社での記者経験豊かな伊藤マリさんだが、伊藤さん主筆の麻布小寅堂の連載コラムも大変面白い。ちなみに、伊藤さんご自身もSO!Tameikeの仲間である。


そんな訳で、起業する人物像を伊藤さんの目線から色々取り上げて頂けそうなので、皆さん!是非、今後の『SO!今月の顔』にご期待下さい!


◇伊藤マリさんのプロフィール

 新聞記者として18年働いた後、早期選択定年で退社。
 出版編集オフィス(有)麻布小寅堂を取締役。
 (http://www.azabukotorado.com
  雑誌連載やウェブ編集などの仕事を続けながら、
  2007年には国立大学大学院医学系研究科に入学。
 公衆衛生学を専攻する働くママ学生として毎日を送っている。


ところで、第一回目のSO!今月の顔は、SO!第一号入居者でもあり、又SO!のサイト全般を制作プロデュース頂いている、レノクリエイティブ(株)代表の永野悟さんです。

| 起業すると言う事 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |