スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シェアリングビジネスへの期待
昨日、シェアリングに特化した、各分野のシェアリングビジネスを取上げた専門誌「シェアリングタイムズ」の編集担当者とお会いした。

昨年末に創刊されたと言う当専門誌の第一号が3月後半に発行されるとの事で、その中で「SO!のシェアオフィス」を取り上げたいとの事で、SO!井戸端世話人の松本さんやSO!Shiodome139入居者にもご協力頂いて取材を受けた。

それにしても、このところは、色々な分野でシェアリングビジネスに関する動きが活発である。

昨日の記者の方は、当社がオフィスのシェアリングサイトを立ち上げたのは6年以上前ですよ、とお話ししたら驚いていらっしゃったが、先週広告掲載でお会いした女性向けフリーマガジン「Alluxe」や、昨年12月に、新たなシェアリングビジネスへの投資や支援のWebサイトを立ち上げたいとのことで、事業協力の話を頂いたシェアリングインベストメントさん、その他には、昨年からのテレビや新聞などの大手メディアの「シェアリングに関する取材依頼」などなど、この経済不況下での生活防衛策の一つとして、シェアリングと言う共生、共有、共業形態が、最近富に注目されているみたいである。

しかし、それまで、コスト削減や仕事の協業のため、建築家などが仲間内で行っていたオフィスシェアを、5年前に、個人起業家が自由にシェアできる専用スペースとして、「SO!」と言うシェアードオフィスやシェアサロンを企画し運営を手掛けてきた当社:(有)ワークプレースミューコムとしては、シェアの本当の意味は、不況下での一時的なコスト削減策ではなく、個人や少数での起業に於ける、有効なるビジネスの場と考えている。色々な立場の人や情報が日々の仕事環境の中で交流する場は大変貴重なのである。

個人事業家にとっての事業とは、組織で働く人以上に、個々の生き方そのものに大きく関わるものであり、その事業、即ち「商い」は、昔から飽きずに、諦めずに、地道に継続させることが大切とされてきたことを思えば、創業時から短期間で大きな成果を上げることを焦らず、多くの異業種の方々と接し、情報や人材の交流を行いながら、自社の基盤を固めて行く事が一番大事なことではないだろうか。事業を継続するには、仕事上の成果だけでなく、社会的な人と人の交わりや助け合い(共生)の大切さも忘れるわけにはいかない。

そう考えれば、個人事業者や起業家にとって、コスト削減の側面以上に、日々の仕事や社会生活に於ける、起業仲間との自然な交流が深まるシェアオフィスを活用することは、大変大きな意義があることがご理解頂けるのではないだろうか。

何事も、経験していない事は実感できないものであるが、シェアオフィスやシェア施設を利用した事がない方は、シェアと聞くと、仕事内容のセキュリティが確保出来ないとか、人間関係が煩わしいという理由で、心配したり、毛嫌いするケースも多いと思われるが、共生や共有の良さを理解している人々に於いては、そのようなリスクはお互いが気をつけ自己管理することで上手く避けられると思っている。そして、それ以上に、日々の情報交流や、周りの仲間からの刺激やパワーが得られる環境を大切に考えているのだろ思う。要するに、あなたが、仕事や社会生活の中で何を重視するか?と言う問題ではないだろうか。

私も起業して10年になるが、小さなオフィス(個室型のレンタルオフィスやサービスオフィスでも同様だろうが)で、電話も来客者もなく、黙々と業務に集中している日々が続くと、社会との関係が閉ざされてしまったようで不安になったものである。この不況下に、そんな環境での創業や事業継続は、精神的にも「商い自体」も脆くなってしまう気がする。

そんな事で、最近注目されだした「シェアリングビジネス」が、単なる「モノ」の共有で終わることなく、人の気持ちや心も含めた、共有や共生に結びついていくことを願いたい。
JUGEMテーマ:ビジネス


| シェアードオフィス | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!長屋もクリスマスの装い
先週末から、名川昌宏『Color Heeling Calendar 2009』の原画展を開催中の「SO!Shiodome139」の井戸端ラウンジでは、昨日、新たに「クリスマスの装い」が加わった。

 

ヒーリングカレンダーの原画がパステル調の心温まる水彩画なので、クリスマスのグリーンともうまくマッチして、なかなか厳かな雰囲気が楽しめる空間となっている。



今週土曜日の予定だった原画展は、好評につき来週水曜日(12/10)まで開催延長される事になったので、この機会に、一人でも多くの方にご覧頂ければと思う。又、開催期間中は、上記写真の『2009年ヒーリングカレンダー』を1部:1500円で同時販売されているので、原画展を鑑賞した後心癒されるカレンダーをお買い求め頂く楽しみもある。


その他のお知らせ 
『12/19 井戸端クリスマスカフェ』

このクリスマスの装いの中、飲んで多いに井戸端交流を図ろう!と言う「ふらり立ち寄り井戸端カフェ」を12/19(金)に、今回は、自然との触れ合いをテーマとした料理教室「和の里」主宰の杉山映美子さんに料理とお酒をコーデイネイトして頂き、井戸端クリスマスカフェとして開催します。お楽しみに!

詳細は、来週初め発行の「ながやしんぶん第6号」又は、SO!Nagayaニュースでご案内します。


JUGEMテーマ:アート・デザイン


| シェアードオフィス | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
大変残念なモリモトさんのニュース
昨夜帰宅したら、代官山「MOROMOTO」のテレビ宣伝でお馴染み(2008年のグッド・デザイン賞受賞)のモリモトさんが『民事再生法の適用を申請した』と言う、大変ショッキングなニュースが入ってきた。

モリモトさんは、都内南西部や横浜方面を中心に、「クレッセント」、「イプセ」ブランドのマンション分譲や、幅広い商業施設開発を手掛ける中堅不動産会社であるが、SO!にとっても、浅からぬ関係があった会社である。実は、モリモトさんは、SO!Oomoriの最初のオーナーであり、SO!最初の業務提携企業だったのである。

丁度、5年前、SO!第一弾の「Akasaka787」が完成する直前に、当社の旧サイト「sharing.ne.jp」を見ただけで、業務提携にてシェアードオフィス「SO!Oomori」の立上げを決定して頂いた会社なのである。SO!としての実績がまだまだない段階で、早々と、二番目のシェアードオフィス立上げのチャンスを頂けたのは、実績ある中堅不動産会社としては異例の決定であったと思う。


今では実質的なビジネス関係はなくなったが、スタート当時のSO!を支えて頂いた会社として、当時、当社との窓口になって頂いた方々には今も大変感謝している。SO!Oomoriのスタートから4年半、今では多くの起業家のビジネス拠点として、皆さんにご愛顧頂きながら順調な運営が出来ているのも、まさにモリモトさんの大胆な決断のお陰である。

そういう意味でも、モリモトさんは、旧態依然とした不動産会社ではなく、大変革新的な社風の会社であると思っていたし、最近の色々な事業展開にも多いに期待していたのだが、それだけに、昨夜の「民事再生法の適用を申請した」と言うニュースは大変驚かされたし、同時に非常に残念である。

モリモトさんの今回の経営破綻は基本的経営の失敗と言うよりも、米国のサブプライムローンの影響による、急激な業績悪化が原因とニュースでは伝えていたが、グローバル企業でなくとも、今の時代は、どんな理由で経営が根底から揺るがされるか解らないものだ、と身近に感じさせられた。


今後は、民事再生法の適用によって、一日も早い「MORIMOTO」ブランドの再建を願うばかりである。


JUGEMテーマ:ニュース


| シェアードオフィス | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
八重洲駅前のSO!お薦めオフィス
東京駅八重洲駅前に今春オープンした、SOHO向け複合機メーカーのブラザーさんが企画運営されている「Office Time」という、時間単位で利用出来るタッチダウン式オフィスの利用に関して、ブラザー工業さんの企画運営部とSO!事務局は、先日、非公式ながら業務協力をする事になった。



働く人をHappyにします!と言うキャッチコピーのOfficeTimeは、外出先でのメールチエックやプリントアウトが必要な時に威力を発揮するパーソナルなオフィス空間です。


ご存じの通り、SO!は、年契約のシェアオフィスやシェアサロンが主なサービスメニューであり、ブラザーさんもシェアオフィスの運営はされているが、今後の主な事業展開は、時間で利用できる「Office Time」を主要駅前に増やして行くことのようであり、SO!とはお互い不足なサービスを相互補完出来る関係にあると言う事で、今回の業務協力に至った。

これからの多様な働き方に対応するには、自社だけで全て賄うのではなく、双方に不足なサービスメニューは、信頼出来る同業他社との協力関係や業務提携を選択する事も重要になってくるかと思われる。特に、初期投資が多い施設ビジネスでは、そんな方向も必要となりそうである。

ところで、今回のブラザーさんとの協力関係は、取りあえず、SO!事務局では、オフィスやサロン会員の皆さんに「Office Time」をご案内する一方、ブラザーさんサイドは、SO!会員に対して、八重洲駅前のOffice Timeを特別価格で利用出来る事となる。

入会申込みは事前に必要となるが、現在は無料キャンペーン中なので、取りあえず、登録だけ済ませておけば良いと思う。東京駅近辺での商談や、急ぎのオフィスワーク(PCでの書類作成及び出力、コピー、ネット接続)が、東京駅2分の静かなオフィスで簡単に出来るのは大変便利である。

勿論、SO!には無関係なビジネスパーソンも一度、Office timeを覗いてみては如何でしょうか? 地方に本社があり、定期的に東京駅近辺でお仕事をされる方には大変便利な施設である。新橋や汐留を基盤にされている方は、SO!Shiodome139をお忘れ無く!

JUGEMテーマ:ビジネス


| シェアードオフィス | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
起業する人々「SO!今月の顔」
今年の6月からスタートした「SO!今月の顔」第二回目(8月編)は 、SO!Oomori在住のグラフィックデザイナー:STUDIO JETS代表「三和光彦さん」を取材頂いた。



今回も取材は(有)麻布小寅堂の伊藤マリさんにお願いした。

どんな取材記事になっているか、SO!入居者ブログ『第二回SO!今月の顔』をご覧下さい。
 


| シェアードオフィス | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
シェアオフィスの8月空室情報
妙なもので、、、

7月初めには、いよいよ「SO!に空室ゼロ」の状況となりそう!」と景気の良い空室情報をご案内したのに、妙なバランス感覚が働いたのか?今月は、新たな空席情報のお知らせとなってしまった。

春先には、まとまった空席が発生していたSO!Akasaka787とSO!Suidobashi362で、夏本番を前にして入居希望が続き8月には満席となりそうである。逆に、満席が続いていたSO!Tameike210SO!Shinbashi02で、8/1以降、空席が続けて発生する事態となるのも妙なものである。おまけに、満室続きのSO!Oomoriでも、8月から「2人用個室」に空室発生である。

先月とは逆に、「SO! 頑張れ!」と激励したい状況になっているが、取りあえず、8月以降の空席情報をお知らせしよう!

内覧や入居ご希望の方は、メール又はお電話にて下記事務局迄お問合せ下さい。

内容に関する詳細なお問合せは、こちら から。

 SO!プロジェクト事務局
 電話 03-5157-1351 担当:北村 090-2223-3796

SO!の8月以降の空室状況

SO!Tameike210 (空席:Room-1ブース席  2席)

ブース席  1席:52,500円 

銀座線:溜池山王駅から徒歩2分(地下通路12番出口の目の前)というアクセスの良さと、カジュアルなオープンスタイルのデザインは、アクティブな仕事仲間の集まる魅力のオフィス。

SO!Shinbashi02 

テラス付きのゆったりした共有スペースは人気が高い!虎ノ門法曹ビル隣


・ROOM-Aブース席(52,500円) 2席
  ・分室内  2〜3人用個室(138,600円) 1室


SO!Oomori

JR大森駅から1分という立地と、SO!のオフィスでは唯一、受付スタッフ常駐
 


 空室:2人用個室(84,000円)2室
    



| シェアードオフィス | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒットブロガーとビジネス
30代女性をターゲットとした雑誌「i-be」(アイビー)10月号にBeaut!Suidobashiでオーラソーマのセラピーサロンを開設している山本さん(ミリオンカラー主催)がヒットブロガー(LOHAS分野で)として取り上げられた。

雑誌アイビー    山本さん

どんなビジンスにも共通する事だが、「美や癒し」に関係したビジネスを個人で展開して行こうとするシェアサロンのメンバーの一番の難問も、やはり『集客』である。

美や癒しに関わる女性やサロン数がこれだけ多い中で、自分が本当にやりたい内容や特色を、未だ見えていないクライアントに、如何に伝えるかは大変難しい事であるが、そのポイントは2つあると思う。

第一は、自分が本当にやりたい事
(=他の人と何が違うのか?)
第二は、その伝え方(コストパフォーマンスも含めて)

自分が本当にやりたい事(=クライアントに伝えたい中身)は各自で充分考えながら形にして行くしかないが、それをどんな手段で伝えるかと言う手段の面で、最近ではブログやSNS等のネット利用が注目されている。
今回、「i-be」という女性向けマガジンに取り上げられた山本さんは、そんな「伝え方」に人一倍拘りながら結果を出しているサロンメンバーの一人であると思う。

それに関連し、「i-be」の同じ今月号の中で、デトックス(解毒)用健康器具のスマーティーが紹介されていたが、この器具はBeaut!Suidobashiにも置いてある。

スマーティー

美容や健康器具として面白いと思って、シェアサロンでも数ヶ月前に導入したのだが、残念ながらほとんど活用されていない。これなども、自分の施術の中でどう活かす事が出きるかを真剣に考えていけば、第一の課題の『他の人と違う何か』が見つかるかもしれないのである。

要するに、ビジネスとは自己表現と同じで、「自分らしさ」を、「どう他人に伝えるか」と言う事に尽きると最近の私は感じている。真面目な真剣勝負なのである
 







| シェアードオフィス | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!Tameike入居者募集
SO!Tameike210
9月よりまとめて3席の空席発生!


溜池山王駅から直近のロケーションが人気のSO!Tameikeオフィスに、久し振りに、まとまった空席が3席発生することとなった。

SO!tameike-1 SO!tameike-2

9月1日より入居可能な状況なので、9月期より新しいオフィスをご検討の個人起業家の方、及び、溜池山王駅の近くの会社で1〜3席の分室を探しておられる場合は、是非一度内覧してみて下さい。

SO!Tameike210は、交通アクセスが便利だけでなく、30代のIT系や広告関係の起業家が中心の活気あるシェアオフィスですが、若くて元気な女性が多いのも特色です。

内覧及び入居希望の方は、早めに下記までご連絡をお願いします。
SO!プロジェクト事務局  担当 北村
TEL 090-2223-3796
E-mail info@sharing.ne.jp






| シェアードオフィス | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!の暑気払いパーティー
先週末の金曜日、SO!Shinbashi02で歓送迎会を兼ねた「暑気払いパーティー」を開催した。

会費2,000円のオフィス内でのホームパーティー形式の暑気払いだったが、参加者から、お酒や手作り料理の差入れを頂いたお陰で、今回も2000円会費としては料理お酒共に、かなり盛大なパーティとなった。

今回は、SO!Shinbashi02の新旧会員の歓送迎会と同時に、分室のオープン披露も兼ねていたので、参加者は、Shinbashi02の現役メンバー(13名)と同数の下記の皆さんにも参加頂いた。中には、まだ企画検討中の『SO!AkiBa』の入居希望の方も参加頂いたりして、愉しくて面白い交流パーティーとなった。

・Shibashoi02の元入居者
・Shinbashi02と分室の新メンバー
・他のSO!の入居メンバー
SO!シェアサロンメンバー
・SNS仲間のミュージシャン
・次に予定のSO!の入居希望者

オフィス内のパーティーは、正直、準備や後片付けが大変ではあるが、新橋02オフィスでは、毎年数回のパーティーをやっているので、参加者のメンバーの多くの男女の手伝いによって、極めて手際良い後片付けが可能となっている。

新橋02暑気払い宴の後/素早い片付け〕

そうは言っても、オフィス内と言う事で、毎回、早めにお開きの予定ではあるが、興が乗ってくるとなかなか予定通りには終わらない。今回も、写真のように、多くの皆さんにお手伝い頂いて、午後10時に一旦お開きになったが、その後、場所をロビーのイス席に移動して終電まで賑やかに続いた。

ご参加頂いた皆さん!有難うございました。
そして、最後までお付合い頂いた方々、ご苦労様でした。



| シェアードオフィス | 23:50 | comments(3) | trackbacks(0) |
人と空間の共生
代官山「MOROMOTO」のテレビコマーシャルで有名な、株式会社モリモトさん発行の「住まいと暮らしをデザインする」隔月発行の雑誌「SUMAU」がある。

その「7−8月号」に、質量共に世界一の国際家具見本市と言わる「ミラノ・サローネ」の2006開催を取り上げた特集記事:Milano Salone2006
『インテリア・デザインの最先端を見る』
が掲載されている。
 
ミラノ


今回のミラノ・サローネ2006の会場となった『フィエラ・ミラノ』を設計したのは、1998−2000年、ベネチア・ビエンナーレ(建築部門)の総合責任者も務め、その後も、都市開発をテーマに、世界中で活躍している「マッシミリアーノ・フクサス氏」との事であるが、そのインタビュー記事の中で、フクサス氏は「建築」について、このように語っている。

マッシミリアーノ・フクサス氏

−多くの人が集まる建築は、人とどう共生すべきでしょうか。

「人間と建築の共存は必然です。建築は社会的と言うより、民主主義の一部であると信じたい。民主主義とは常に『建設』されるものです。他人への尊敬、バイオレンスの減少。私たちはこのコミュニティの一部です。
(中略)
また、すべてを欲しがる人がいなくなるように、調和をもたらす努力が必要です。私たちの仕事は、その為のシナリオを描く事です。
ただ単純に『入る』空間でなく、明日がより良い一日であるように、との願いを象徴する要素を築くこと。作品そのもの以外の、欲望を刺激する何かがないと意味がないと思います。」
この様な世界的な建築設計者の言葉を引き合いに出すのは恐れ多いが、この記事を読みながら、「空間と人」をテーマに仕事をしている者として、いたく感じ入った。

SO!がシェアードオフィスと言う、オープンスタイルのコミュニティ空間で実現したいと願って来た事は、正に、フクサスさんもおっしゃっている「人と空間の共存」であり、同時に「人と人の共生」なんだと。

『ただ単に仕事が出来る空間でなく、明日に向かって、愉しく仕事が出来るような刺激ある空間を創る』ことが、そして、又そんなシナリオを描く続けることが、今もこれからもSO!の役目なんだと、SO!Oomoriの新たな管理運営の件でモリモトさんにお伺いした時に、偶然手にした「SUMAU」の中のマッシミリアーノ・フクサスさんの言葉から、新たな元気を頂いた。これも出会いである
| シェアードオフィス | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>