スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
赤坂にレンタルサロンオープン
今日は、SO!Akasakaのカウンセリングルームの紹介です。




職場や家庭で、仕事や人間関係に疲れて、カウンセリングを受ける方は相変わらず多いようである。

精神科に通っていると言うと、一昔前は、周囲から白い眼で見られる事もあったが、最近は、地震災害や大きな事件の際には必ず、「トラウマ問題」が話題になるし、日常的な仕事や生活の場で傷ついた心はを癒そうとするのは特別な事ではなくなっているようである。

一定以上の社員を抱える企業には産業カウンセラーが義務付けられているようだし、国家資格がある訳ではないと言うが、民間でも心理セラピストや色々なカウンセラーが増えている。SO!のシェアサロンにもカウンセラーの施設内覧希望は多い。

そんな風に急増しているカウンセリングではあるが、なかなか適当な「カウンセリングルーム」がないと言う事である。深刻な相談ごとも多いだろうから、個室のカウンセリングルームのニーズは高いが、大きな会議室では広すぎて不向だし、ワンルームマンション等が丁度良いハズだが、コストの問題や、あまりに密室過ぎる空間と言うのも、逆にカウンセラーや相談者双方に不安があると言う声もある。

そこで、SO!では、シェアオフィスである「SO!Akasaka787」の個室の一つを、カウンセリングルームとして運用することとした。部屋は個室なりの密室性はあるが、ドアを開ければ赤いソファのラウンジがあり、その隣には会議室や執務エリアもあって安心出来るレンタルサロンである。


《サロン室内》                   《ラウンジ》

 

カウンセリングの他にも、占いや個人スクールなどの用途にも適していると思うが、部屋そのものは15m2程の広さがあるゆったり空間で、写真のテーブルとイス以外に応接テーブルとソファも設置。


「Beaut!Akasaka」会員募集中!

一応、水道橋駅前のシェアサロン「Beaut!Suidobashi」に続く施設として、「Beaut!Akasaka」としたが、カウンセルングを主体として会員制の個室レンタルサロンとして提供して利用して頂ければと思っている。

■赤坂レンタルサロン利用料金

 ◇初期費用 :入会金 35,000円 、 保証金 25,000円

 ◇月額会費 :A会員 42,000円(利用:30時間)

        :B会員 30,000円(利用:20時間)

        :C会員 17,000円(利用:10時間)

■場所  港区赤坂7-8-7 SO!Akasaka787

■その他、詳細は、下記SO!事務局までお問合せ下さい。

  SO!事務局  担当 北村  
 TEL 03-3573-1212  E-mail info@sharing.ne.jp   






JUGEMテーマ:ビジネス


| 美と癒し関連 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
手軽なアロマサロン店開業情報
今回は、SO!「シェアパートナーを探そう!」に掲載の耳寄りなシェアサロン情報のご案内です。

アロマテラピー、ベビーマッサージ、ロミロミテ、さらには、エステ、ネイル、リフレなど、美容や癒しに関連したサロンの本格開業しを目指している女性や、集客力のある場所への移転を検討中の方には見逃せない朗報 だと思う。

      

今回、シェアパートナーを募集しているのは、京王線「笹塚駅」から甲州街道を越えた商店街のサロン。アロマエステサロンとアロマショップを経営する女性が、夕方6時以降のサロン運営者を探している

11坪ワンルームのおしゃれなサロンには、 マッサージベット、エステマシーン、ソファ、ポットなどの各種備品、インターネット・電話が備わっており自由に使用できる。その他、店内の業務用粧材・アロマオイル・ ハーブティーなど消耗品使・リネン類なども使用可能との事である。

肝心の費用は ◆夕方6時〜深夜12時までのサロンを自由に使用できる負担金:10万円。 ◆水道光熱費その他、業務用粧材・アロマオイル・ハーブティーなど消耗品・リネン類などの使用料金:5万円。その他、◆礼金なし、保証金:20万円(1年以上契約の方は解約時全額返還)

朗報というほど好条件ではないと思うかもしれないが、当シェアサロンの大きな魅力は、活気ある商店街という立地の良さによる集客力と、既に当サロンの顧客となっている「お客様」付きという点(18時以降に来店の場合)である。他のビジネスでも同様であるが、サロン開業時の気がかり事項は、お店の保証金などの契約費用や内装費用などの開店資金調達と、集客の問題である。

その両方において、当シェアサロンは、20万円の初期費用と、15万円の月額費用で、すぐに念願の美や癒しのサロンが開業できる。しかも、大きな宣伝費を使わなくても、ある程度は、貴方自身の顧客と当サロンのお客様で収益も見込める訳である。どんな場合にでもまるっきりリスクのないビジネスはないと理解すれば、今回のシェアサロンは、かなりの好条件であるのは間違いない。

美容サロンやショップ、癒しのセラピーサロンやスクール、或いは関連商品のショップなどの開業を本気で検討されている方は、是非一度、『探そう!シェアパートナー』サイトの管理NO24にて詳細をご確認の上、下記SO!事務局までお問い合わせ、或いはご相談下さい。

ご連絡先
SO!事務局 担当:北村 (090-2223-3796)
e-mail info@sharing.ne.jp TEL 03-3573-1212


JUGEMテーマ:ビジネス


| 美と癒し関連 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラファエルアートって何?
昨日、Raphael art-studio代表の「香川かづあき」さんに初めてお会いした。


ラファエルアート教室のご案内」のパンフレット


元々はイラストレーターだった香川さんは、ラファエルアートという独自のクラフトアートを発案された方で、昨日、お会いしたのは、ご自身が開催されている「ラファエルアート教室」の新しい場所の候補として、SO!Shinbashi02SO!Yotsuyaの会議室をご覧頂く為であった。

ところが、初めて伺った「ラファエルアート」の不思議な魅力や、香川さんと美人の妹さんの、ラファエルアート教室に関わる「場や人の共有」のお話は、丁度今、SO!の新しいオフィスプランの中で、多様な人や物の複合施設を検討している当社には、大変貴重で有難いお話だったので、予定時間を大きくオーバーして、「新たな複合オフィス」の話で盛り上がってしまった。

ラファエルアートについて、もう少し詳しくご紹介すると、香川かづあきさんのプロフィールに、下記のように記されている。

200年 画材メーカーの裁断機の脇で拾い上げた1本の紙の帯の美しさに感銘を受け、イラストの上に紙帯で絵を描く独自のアートスタイル『ラファエルアート』を確立する 

又、同社のHPの中で、『仕事や家事や子育てやいろいろな事で自分を見失いそうな時に、紙の帯に触れるととても心が休まりとても癒されます。ヒーリング効果の有るラファエルアートは天使達との共同作業のような気がしてなりません。』と、香川さんはおっしゃっている。

無断転用をお許し頂き、HPの中から、素晴らしいラファエルアートの作品例を下記にご紹介させて頂いた。ラファエルアートに興味のある方は、同社HPで詳細をご覧になり、体験レッスンやOne Dayレッスンを受けてみられたらどうだろうか。



    

| 美と癒し関連 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
八重洲地下通路でオーラソーマのデモ
昨日、八重洲地下通路で、オーラソーマのデモをやっていた。

八重洲に来たときは立寄ることが多い地下のパスタ店で昼食をしようと急いでいる途中だったので、一旦、通り過ぎたのだが、八重洲地下で、このようなセラピーのデモをやっているのを見たのは初めてだったので、昼食から戻って、「ブログで紹介したいので、、、」と断って写真に撮った。

私自身がセラピーを受けたかった訳ではないが、SO!でも水道橋で「Beaut!Suidobashi」と言うシェアサロンを運営していて、オーラソーマをはじめ、色々なセラピストが所属しているが、やはり苦労していることは「集客」なので、八重洲地下通路を利用したデモンストレーションが大変興味深かった訳である。

我々も、Beaut!Suidobashiでのイベント用に何かのヒントにしたい!

愛され美人になる秘訣 カラーセラピー「オーラソーマ」
| 美と癒し関連 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!、美と健康の「クチコミカフェ」企画を発信
SO!は「クチコミカフェ」と言う、『美容と健康に特化した新企画』に参加することとなった。  
      

どこかで聞いいたようでもあり、又、初めて聞く言葉でもあるような、不思議な響きの「クチコミカフェ」、実際は恐らく初めての企画提案だと思う。

実は私の企画プランではなく、SO!シェアサロンメンバーである「SORA」のAkiさんが、以前から温めていた企画をSO!が事務局として参画したと言うのが本当のところです。

SO!では、こんな形での、女性の起業アイデアを支援していくのも「悪くない!」と考えている。

そんな事からスタートとした「cichicomi Cafe」のロゴは、女性誌などで人気のイラストレーター「進藤やす子さん」(Akiさんの友人)にデザインして頂いており、かなり本気度は高い。

昨日、プレスリリースをかけたので、女性誌などが取り上げて頂ければ有難い。

プレースリリースした「cuchicomi Cafe」の企画概要は下記の通りです。
続きを読む >>
| 美と癒し関連 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
活躍するメイクアップアーチスト
今回のSO!のお仕事紹介は「メイクアップアーチスト」です

今回は、「SO!の身近にいる元気な女性」の中から、2007ミス・ユニバース日本代表(先月、ミス・ユニバース世界大会で優勝)の森理世さんの国内選考会でメイクを担当した「井丸真穂美さん」をご紹介したいと思う。


2年前には「SO!」の会議室会員としてSO!の施設で、何度かメイクアップセミナーを開催されていた真穂美さんは、その後、念願の雑誌や映画の仕事で女優やモデルのメイクアップを経験し、現在は、『嶋田ちあきメイクアップアカデミー』所属のメイクアップアーチストとしてご活躍中である。

先月5/28、ミスユニバース世界大会で見事優勝した森理世さん(モリ リヨさんのブログ)のミスユニバース日本代表の選考会で、そのメイクも担当されたとのこと。


1年前には、安定したメイクアップの仕事より、不安定でも、好きな映画や雑誌のモデルのメイクの仕事をして行きたいと、仕事浪人も辞さずに、「やりたい仕事」を求めて、あちこち出向いて頑張っていて、SO!シェアサロンの美と癒しの体験イベントにも気軽にメイクアップのお手伝いしてくれていた真穂美さんだが、明るく人当たりが良い性格と、長年の経験のお陰か、たった一年で新たな活躍の場を大きく拡げられた感じである。

最近は、SO!の周辺にも、お金第一主意から、 「自分の好きな業種や分野で働きたい!」と言う女性が増えているように見受けられるが、真穂美さんの場合も、好きなメイクアップアーチストと言う業種で、特にモデルや女優のメイクに関わって行きたいという初志を大事にして来た事で、今回のようなチャンスにも巡り会えたのだろう。

いづれにしても、彼女にとって、今回、森理世さんのメイクを担当できた事は、今後のキャリアアップの為にも大変結構な事である。尤も、我々にとっては、今回の事で、今後のSO!シェアサロンイベントに、気楽にお手伝い頂けなくなるのは残念である。

それは冗談として、

メイクアップアーチスト「MAHOMI」さん の益々の活躍に期待したい!
| 美と癒し関連 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
面白い!「薬剤師により医療相談」
SO!はシェアオフィス以外に、必要な時間だけ利用出来る「美と癒しのシェアサロン」や、多目的な利用が可能なレンタルスペース(会議室)があるが、先週末、これらSO!の施設を内覧に来られた方が、面白いサービスを始められるようだ。

 『ココロとカラダ 薬剤師がケアします』

それは、簡単に言えば薬剤師による医療相談で、『ゆりの園』と言い、現役の薬剤師が病気、健康、栄養等の相談に乗ってくれるサービスである。



代表の中森玉美さんは、勿論、薬剤師であると同時に、健康食品管理士、色彩心理カウンセラー、アロマテラピーアドバイザー、日本臨床心理学会会員の資格を持っている女性で、薬剤師としてのキャリアだけでなく、幅広い知識や経験の中から、適当な相談者がいない方、或いは、家族や友人や医者にも相談しにくい問題に対して、親身に相談に乗ろうと言う訳である。

最近は、SO!の周辺にも、色んなカウンセリングやアドバイスを仕事にしている女性が多いが、「薬剤師により医療相談」というのも、一種のセカンドオピニオン的意味合いももありそうで、先週末初めてお会いして、お話しを伺いながら私の方が勝手に乗り気になっていた。

大上段に構えていない「ゆりの園」の相談者目線はSO!とも共通する事が多く、私自身、今後楽しみなサービスになりそうだと思いつつ、中森さんのご了解を得ないまま、今回、勝手にご紹介した訳である。

興味のある方は、『ゆりの園』
E-mail yurinosono@w4.dion.ne.jp 又は、TEL 048-437-8601に連絡されるとよい。
| 美と癒し関連 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝日朝刊「煙草は美容の敵」に思う
昨19日の朝日朝刊に、こんな記事が掲載されていた。
『女性よ!たばこは美容の敵』

「たばこは美容の敵」を合言葉に、厚生労働省が来年度から、20〜30歳代の女性をターゲットとした禁煙キャンペーンに乗り出すという内容である。

他の統計にも表れているが、我々自身も日々の生活の中で、ここ10年程は30〜40代の男性の禁煙者が増えているのとは対照的に、20〜30代の若い女性の喫煙がどんどん多くなっているような気がしている。

朝の通勤時の駅のホームで、『禁煙タイム』にも関わらず平然と煙草をふかしている連中を見ていても、年配の男性や20代の若い男女が多いようである。

私自身も20代〜30半ば迄は、相当なヘビースモーカーだったが、振り返って見ると、本当に美味しいと思って吸っていたのは、「食後や肉体仕事をした後のひと時」であって、酒の席やマージャンの時などを含めて、その他の喫煙は、「手持ち無沙汰な時とか、所在無い時、その他単なる慣れ」で自然に煙草に手が伸びていたと言う気がする。

そんな私自身は喫煙年数15年経て、風邪の時に同僚の助言をきっかけに、突然禁煙した。

喫煙中毒気味の愛煙家は、以前、当ブログでの紹介した、禁煙セラピー等のお世話にならないと、なかなか禁煙は難しいようであるが、若い女性の多くは、喫煙中毒者というほどではなく、「格好良い」、「お洒落」、その他、私同様、「所在ないから」「単なる慣れで」と言う感じで、あまり深く考えないで喫煙を続けている場合が多いように思う。

もし、そうであれば、厚生労働省のキャンペーンをきっかけに喫煙を見直してみるのもどうだろう!「SO!」では、シェアオフィスと一緒に、Beaut!Suidobashiというシェアサロンを運営しているが施設内は勿論禁煙である。やはり、美や癒しを求める場所に、ヤニ臭い匂いは似合わない。

煙草は酒や珈琲等と同じ嗜好品なんだから、吸うか吸わないかは個人の勝手である!と言う論もあるが、珈琲や酒は「他人に害を及ぼす」事は少ないし、さらに又、多くの女性にとっては男の何倍も重要な関心事である「美容や健康」の為にも、若さに任せて安易に「喫煙」するのは、止めた方が良いように思う。

「余計なお節介!
という声が聞こえてきそうだが、記事によれば、化粧品会社の調査では

・シミやくすみの原因となる色素の「メラニン」が、煙草を吸わない人より5歳分
 早く増える。
・歯が黄色っぽくなったり歯茎が黒ずんだりする


などと報告されているようである。
身近にも、喫煙年数が長い先輩男性陣のいわゆる、「おやじ達」の良い見本がある。10代で喫煙している高校生や女子学生も含めて、「おやじ臭い!」とか「オヤジはねぇ〜!」などと気楽に誹謗している前に、我が身の将来をイメージしてみる事も必要である。
若い女性達よ!今のままでは、君らもオヤジの来た道! 


| 美と癒し関連 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |