スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
突然の発表!安部総理辞任
安部総理が辞任!

近くのラーメン屋さんで遅めの昼食を摂っていたら、酷い映りのテレビから、『私が辞職することで・・・』という聞き慣れた声がしてきた。よく見たら、今や、時の人というべき「安部総理」の辞職記者会見会場からのテレビ中継であった。

頑固に職に留まり続けた安部さんの、突然の辞任発表には、さすがに私も驚きである 。

今日の昼過ぎ、安部さんが総理を辞めると発表し、2時頃から辞任の「記者会見」を開いていたと言うことであるが、先の参議院選挙以来、大荒れの自民党と内閣だったが、その後、内閣を改造し、昨日から国会も始まり、安部さんも所信表明演説をした翌日の出来事で、ある意味では、日本国民全員にとって衝撃的発表である。
| 社会面 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
「まほろ駅前」人気の町田
先日、仮宿中の当オフィスブログでも「お盆休みに読んだ小説」で取り上げた、『まほろ駅前』が地元で人気のようである

今年の直木賞受賞作品 『まほろ駅前多田便利軒』(三浦しをん作)が、その舞台となった町田で、受賞直後から8月末まで、駅前の大手書店で文芸書部門第一位の売行きとなり、市立図書館では貸出し希望の予約者が400名近いと言う話である。

9/1朝日朝刊から転載


確かに、芥川賞や直木賞を受賞した作家の地元や、作品の舞台となった町の住人は、高校野球の優勝校程ではないだろうが、何となく自慢の種となり、自然とその作家や作品に興味を抱くのも解る気がする。

かなり前の話だが、村上龍が『限りなく透明に近いブルー』で芥川賞を取った時、私はまだ現在の場所に住んでいなかったが、その舞台となった米軍基地のある街:「福生」は隣町であり、又、福生には、『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』という作品で1987年に直木賞を受賞した「山田詠美」も長く住んでいた。(今も住居があるのかどうか知らないが。)

これらも私には関係ないと言えばその通りだが、しかしながら、何となく村上龍や山田詠美に、作家として、又その作品に注目してしまう地元民は私以外にも大勢いるだろうと思う。
山田詠美はその生き方も話題になる事が多く、私の好きな作家の一人でもある。

オリンピック選手や選抜高校野球の地元がヒートアップするのは普通だが、話題性のある受賞作や作家の場合でも、今回の町田のように、地元が支援して盛り上がると言うのは、これはこれで、なかなか楽しいものである。
| 社会面 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビジネスとは金儲けなのか?
福祉会社社長、障害者狙う 
  手話遣い数億円?集める

これは昨日の朝刊の社会面の記事である。
福祉機器販売会社の経営者が、聴覚障害者に高利回りを約束してお金を集めながら、元利金が返済できないトラブルを起していたという内容であるが、騙された形の聴覚障害者は、その経営者が手話が出来たことで信用してしまったとの事である。

呆れた社長というより情けない経営者である
この愚かな社長は、一体何の為に「福祉機器販売会社」を設立したのだろう。
まさか、悪事の道具として手話を覚えた訳ではなかろう。自社のビジネスの為に、聴覚障害者に自社製品の良さをアピールする為に、或いは製品ニーズを直接聞きたいが為に覚えたのであろう。

だったら、聴覚障害者の重要な意思伝達方法としての「手話」を応用発展させた商品開発でも考えながら商売繁盛を願うのが起業家精神と言うべきものではないのか。
途中でビジネスが上手く行かなくなってからと言って、福祉機器販売会社の経営者が手話で信用させながら、「返済する気のない金集め」という詐欺を行っていたとは。。。

まったく、知恵の使い方が真逆である。
この社長は、金儲けを目的に時流に乗ったビジネスとして福祉関連会社を開業したとしか思えない。

本来、起業家マインドとは、達成したい仕事(目的)が先にあり、資金はその手段である。金儲けを目的として起業するような不遜な気持ちでは、商い(厭きない)は長続きしない。お金は仕事を成し遂げた後の結果に過ぎないと知るべきであろう。

「社会貢献」という程でなくとも、起業家の心には、利用者(消費者)に喜んでもらいたいという気持ちがどこかになければならない。そうでなければ、いかに時流に乗ったビジネスであっても長くは続かないのだろう。
何故なら、苦境を乗り越えるアイデアも生まれないし、賛同して力になってくれる仲間も現れないであろうから。


お金に目が移リ過ぎる経営者とは、今や既に過去の人になった感のある「ホリエモン」も案外そうだったのかもしれない。




| 社会面 | 23:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |