CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
隠れたヒット文具商品
文具メーカー:コクヨS&Tの親しい営業担当者から、先日ランチを一緒にした時に、
『これ、隠れたヒット商品なんですよ!』と言うことで下記の文房製品を頂いた。

コクヨドットライナー

最初、パッと見には何に使用する文具か解らなかったが、良く見ると、封筒の糊付け時などに、挟み込んで使用すると便利な「テープ糊」との事であった。

これでも、以前は15年間も文具メーカー(コクヨとは別の)に席を置いていたのに、情けない話である。業界を離れて20年を経過すると、さすがに業界に疎くなり、「旬の商品」も解らなくなってしまうようである。

ところで、この商品、試しに使ってみたが、なかなか便利なものである。   

「のり」と言えば、30年近く前、私が文具メーカーに入社した当時、我がP社はローラー式の「コロピタ」という画期的な製品を売り出していた。
コロピタ  

その頃の「糊」と言えばチューブに入った「ヤマト糊」が主流であった中で、ローラータイプの「コロピタ」は個人的にも結構好きな製品で良く売れた。そして、文具業界でも注目されていた。但し、欠点は、長く使用していると先端のローラー部分が固まってすべりが悪くなってくる事であった。

その後、トンボのピットに代表されたスティックタイプの糊が主流になり、コクヨヘンケルにも売行き好調なPrittと言うスティックタイプがあった。但し、このスティックタイプも、ご存知の様に、本体容器を回転させながら使用するので、キャップの開閉時に外に固まったままはみ出したり、残量が少なくなってくると、糊付け面に達磨状に固まって付着したりする事がある。

その後の主流は、「テープのり」と言うタイプなのだろうと思うが、このテープタイプは、修正テープと同じように、テープに糊が付着したたようなタイプで、個人的にはあまり好きではない。

そんな中で、今回のコクヨの隠れヒット製品『ドットライナー ホールド』だが、メーカーの製品説明書には確かに「テープのり」と表示されているが、私が好きでない「糊が付着したテープを紙面に貼り付けるタイプ」と言うより、どちらかと言うと先のP社の「コロピタ」(ローラータイプ)に近い製品であると言える。

そして、テープにドット状に付着した糊が、先端のローラーを通して接着紙面にドット状に転写される構造であるが、30年前発売の「コロピタ」の先端乾燥の欠点は改善されているハズだと思う。(勿論、現在のコロピタも改善済みであろう)

ドットライナー

尚、このドットライナーホールドは「封筒を挟み込み」使用するだけでなく、このようにホットキスを開くようにして開いて使えば、大きな紙面のどこにでも糊付け可能との事である。



| 文房具 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |