CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
不動産不況とシェア施設
いよいよ2008年も今日一日となってしまったが、色々な意味で、今年ほど社会状況が急変した年は、近年では珍しかったのではないだろうか?

2007年夏時点では、都内の主要ビジネス地区では、古くて家賃の安いビルはスクラップ&ビルドで再生させようと言う動きが活発で、西新橋の「SO!Shinbashi02」もビルオーナーからの移転要望で、急に代替オフィスを探さざるを得ない状況であったが、西新橋界隈ではあちこちでビルの取り壊しが既に始まっており、適度な広さの空室オフィスは少なく、しかも賃料は軒並み高騰していた。

その頃、オフィスビルの仲介会社の担当者は「バブル期よりも不動産バブルですよ!」と嘆いていたが、虎ノ門から新橋駅付近での50〜100坪の空室ビルは、まさに貸し手市場という感じで、SO!のような「シェア」と言う特殊な利用形態で、かつ賃料や保証金は安くと言う条件では、該当物件はほとんどなく、代替オフィスを諦めざるを得ないかという、切羽詰った状況であった。

ところが、2008年の幕開けと共に、アメリカのサブプライムローンから派生した金融破綻の影響のせいか、不動産バブルの状況が急変し始めたようであった。前年には有り余るほどの外資の不動産投資資金が、逆にどんどん引き上げられ、一気に不動産不況がやってきたと言う感じである。完成したビルでは予定の入居が進まず、進行中のビルでは計画が中断するようになってしまった。

この不動産不況の流れは、秋以降には、急激な円高の影響もあり、トヨタ、ホンダ、ソニー、キャノンなど、並みいる国内の大手製造企業までが大幅減益や赤字決算予想の事態に追い込まれてしまった。トヨタなどは、2007年度は半期で一兆円超の利益と騒がれていたのに、2008年度末の決算予想は、冗談のような話だが、一気に赤字転落との事である。

たった一年で、こんなにも変わってしまうと言う事は、実体経済に裏打ちされた好況ではなく、まさに金融バブルの所以であろう。国際経済の専門家の話では、国内の大手輸出企業では、利益のの70%を海外マーケットや海外での資金運用で上げていたと言う事である。それでは海外の金融破綻が、国内の大手メーカーの決算を一気に悪化させると言う事態も頷ける話ではある。日本企業の強みの 「物作りにかける意気込み」はどこに行ってしまったのだろうかと思う。

話を、不動産不況に戻そう!

兎も角、来年もこの不動産不況は続きそうである。だとしたら、都心のオフィスビルの空室率も益々アップしてくることになるだろう。そうなると、100坪〜200坪の需要の多いビルでも、うかうかしていられなくなるのではないだろうか?

賃料を下げるとか、再開発は無理でも、ビルの外観や設備の改修などをして、少しでも早く入居テナントを募集するようになるだろうが、このような事態は業績の良い企業には朗報ではあっても、来年以降も業績悪化が続くような企業では、人員削減などでスペースの縮小や、高い家賃のオフィスから移動して固定費の削減を計ろうとするだろう。

実際にそのような企業が増えてくると、今までニーズが高かった100坪以上のビルでも予想外の空室発生が生じてくる可能性はあるし、又、その傾向が1年以上続く事も十分あり得るのではないだろうか?

そうなった場合は、SO!が、100〜200坪規模のシェアオフィスやシェアサロンなどを事業展開出来る可能性が生まれそうである。スタート当初から、シェアオフィスを効率的にレイアウトするには、出来れば、最低65坪以上のスペースが必要であると考えていたが、スタート時の資金的な問題や、その後の収益面でのリスクを考え、30坪(デスク数:10席)前後のオフィスに的を絞った展開となり、65坪以上のオフィスは、SO!OomoriとSO!Shiodome139の2箇所だけとなっている。

但し、SOHOなど個人や少人数での起業家向けオフィスでは、30坪規模のシェアオフィスも収益面でのスケールメリットを除外すれば、特別なデメリットはないと思っているが、100〜200坪規模のスペースで、SO!のシェアビジネスが展開できれば、今とは一味違ったシェアスタイルが実現出来ると思っている。 それがどんな内容かと言う詳細は一応企業秘密とさせて頂くが、そのような規模のシェア空間創りへの意欲は大きい。

そこで、2008年の当オフィスブログの締めとして、今回の世界的な金融不況に端を発した不動産不況が、実際に2009年以降も長期に続くなら、空室ビルの対応策として、「ビルのシェア利用」をSO!はビルオーナーに是非とも提言したい!

『ビルオーナーの皆さん、一緒にシェア施設を創造してみませんか!』

SO!の事業は、当然ながら、金融バブルや不動産バブルとは対極の実体経済に基づいた地道な事業ですから、「夢のような儲け話」は期待頂けないが、大切なビルを今一度、価値ある空間として再生させる夢を見る事は十分可能だと思っている。

JUGEMテーマ:ビジネス


| シェアオフィス | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
日経朝刊にシェアオフィス記事
今朝(10/25)の日経朝刊の別冊「NIKKEI PLUS1 世相見聞」にSO!のシェアードオフィスが紹介された。


紹介されたのは、世相見聞「広がるシェアリング」と言う特集記事である。

多人数で自動車を共同使用する「カーシェアリング」だけでなく、自転車や洋服、バッグのような身近なものまでシェアが広がっていると言う話から、一戸建住宅やマンションを共同使用する「ルームシェアリング」がオフィスにまで広がっているとして、「SO!」のシェアードオフィスが紹介されている。


2008.10.25(土) 日経新聞朝刊 PLUS1

当社:(有)ワークプレースミューコムがオフィスシェアリングと言うWebサイトをスタートさせたのは、今から6年前の2002年9月だった。この当時、オフィスの空席のシェアパートナーをネットで募集すると言う「オフィスシェアリング」と言うサービスは、まだ世間ではよく知られておらず、結構画期的なビジネスだったのである。

そこで、当該サービスをプレスリリースした直後に、日経産業新聞が、『(有)ワークプレースミューコムがオフィスシェアリングと言うサービスをスタートさせた』と新聞誌上で大きく報道して頂いた。(掲載は、確か2002.9.28の朝刊だったと思う)

その後、当社は空席のシェアパートナー探しのWebサービスを継続する一方で、シェア専用のオフィスとして、2004年1月、SimpleでStylishなオフィスをコンセプトに「SO!Akasaka787」を初めてオープンしたのである。

スタート当初は、空間の効率的運用としてのシェアオフィスであったが、スタート直後に、空間のシェアーとは単なるスペースの有効活用プランではなく、人材のシェアと言う大きなメリットに気づき、コミュニティ型シェアオフィスをSO!の特色とし、さらに、その後には、オフィスの入居者だけでなく、SO!レンタル会議室等、色々な利用者を含めたビジネス共同体と考え、「井戸端コミュニティ SO!長屋」もスタートさせて来た。

空間を有効利用する事で始めた施設のシェアが、単なるレンタルオフィスでなく、女性や週末起業家を含めたビジネス協働の場として、又ビジネス共同体(コミュンミティ)にまで進化して来たのが、SO!のユニークなところだと自負している。但し、それが本当に大きな価値をもたらすには、いま少し時間が必要だとは思う。



       







JUGEMテーマ:ニュース


| シェアオフィス | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
SO!のレンタルオフィス気質
最近、世間で言うところのレンタルオフィスが益々多くなり、形態も多種多様になってきた。

低価格オフィス、バーチャルオフィス(住所貸しオフィス)、セキュリティ重視オフィス、起業支援型オフィス、ハイグレードなオフィス等々マチマチである。ネーミングも、レンタルオフィス、サービスオフィスの他に、最近ではSO!が拘ってきたシェアオフィスとかシェアードオフィスと言うネーミングも急増中のようだ。

共有オフィスのビジネスをスタートしてから一貫して、シェアードオフィス、或いは、シェアオフィスに拘ってきたSO!も、世間で言うところのレンタルオフィスと言えば、レンタルオフィスには違いない。ずっと昔で言えば、貸しオフィスと言くことにもなる。



但し、言葉は重要である。 自然と内容を規定する。

何でも良いが一番名前の通りが良いからと言って、『当社はレンタルオフィスを提供しています』と告知すれば、既存のレンタルオフィスのイメージができ、内容もそれに合ったオフィスが出来上がる。

施設経営者と入居者の関係で捉えれば、いづれの共有オフィスもネーミングの如何に関わらず「レンタルオフィス」であるが、その施設(経営者)が何を目的にしているかで、入居者同士の関係は違ったものになるし、又、それに因って本来は入居者の期待も違ってくるハズである。

単独でビルを賃貸する代わりに、初期コストが掛からないからレンタルオフィスを選択しようと言うSOHOの方や、個人起業家がまだまだ多いと思う。但し、ビジネスは経営者が当初考えるほどには、自社のビジネスモデルの良し悪しだけが成長要因ではなく、安定して成長するには他社との協力関係が重要なのは否定できない。特に、個人や少人数の事業は、長期的安定の為には周囲とのネットワークや情報交流が大変重要である。又、個人での起業の場合は、毎日顔を合わせて気楽に挨拶できる仲間が周囲にいるといないのでは刺激や励みが全然違ってくる。

その辺りを良く考えれば、コストやセキュリティを重視したオフィス選びが果たして賢明かどうかは疑問である、と私は思っている。


当然ながら、我々は個人起業家が選ぶならSO!のシェアオフィスが一番だと言いたいが、SO!の現入居者の声は長短色々の評価が出てくるかもしれない。しかしながら、少なくとも、SO!は運営者(貸す側)と入居者(借りる側)の一対一の関係でオフィスを考えているのではなく、何かの「縁」で結びついた入居者同士、或いは運営者も含めて、実際に自然な交流ができるオフィスをめざしている事は間違いない。

それが、「SO!長屋」と言う井戸端コミュミティだったり、長屋新聞、長屋カフェと言う入居者同士、或いは外部との交流の場につながっているのである。

既に、どこかのレンタルオフィスやサービスオフィスに既に入居されている方も、今後の創業や起業を考えている方も、オフィスは単なる仕事場ではないのだと言う事を認識しながら、自社に合ったオフィス空間を選んで頂ければと思う。









JUGEMテーマ:ビジネス


| シェアオフィス | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
汐留に長屋オフィスがオープン
SO!が新しいコンセプト空間として、先月オープンさせたSO!長屋「Shiodome139」のサイトが昨日、やっとオープンした。



SO!長屋とは江戸の長屋住人の粋と人情を現在のビジネスシーンに復活させたいと言う想いで名付けたビジネス共生広場である。

広場とは、パブリックなものであるから、SO!長屋はシェアオフィスも含めて、パブリックな空間と位置づけている。これからの起業では、独自商品やサービスがあれば万全とは行かない。如何に信頼できる多様な外部スタッフとのネットワークを構築できるかが重要になってくる。

その意味で、SO!長屋では、ビジネス現役世代だけでなく、団塊世代に代表されるリタイア組や主婦などの停職組を含めた幅広い世代や立場の人々が、仕事も生活も楽しめる 『大人の居場所』として、集い、支え合う「井戸端コミュニティ」も同時にスタートさせた。

その他、井戸端コミュニティのユニークさの一つには、長屋SNSを活用して、自分が提供できる仕事や特技をコミュニティ内に発信する事で、自己都合に合わせた仕事の仕方を見つけ出そうというシステムがある。SO!「人材プロフィール登録」制度である。



色々な立場の人が集うという意味では、執務スペースと同じ広さのパブリックスペース(ラウンジ&会議室&ミーティングエリア)を設け、写真展/書道展/花展などのギャラリーとして、又、その他、イベントやパーティー会場として外部にも利用頂けるように、SO!レンタル会議室サイトの「SO!Shidome139」からお申込みを受付けている。




| シェアオフィス | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
四谷に新しいシェアオフィス誕生
SO!の6番目のシェアオフィス「SO!Yotsuya」が10月1日からオープンする。

丁度一年前に企画がスタートした「SO!Yotsuya」は、、当初から、 『スタイリッシュな大人の女性』をイメージしていたが、今回完成したオフィスは、入居者同士の自然な交流と言う「SO!長屋」のコンセプトを残しながら、個室希望者にも対応した、お洒落な『大人の仕事場」』である。


         
 

ビジネスONタイムにもOFFタイムにも心地よい雰囲気を醸し出す「SO!Yotusya」は、SO!の新たなデザイン挑戦なのであるが、主な特色は、

H1500〜1800の高めの間仕切りで個室感を出すレイアウト
その圧迫感を除く為に、執務エリアの天井ボードを落とし、コンクリート剥き出しの高い天井
コンクリートの粗い素材感をカバーするように、天井照明にはペンダントライトのやさしい灯り
間仕切りの仕上げも、天井のコンクリートを包み込むような、優しくて高級感のあるクロス
窓に面した明るい会議室には、白いテーブルと赤とベージュのチエアーがベストマッチ
二ヶ所あるラウンジも、各々の用途に合わせ、あえて雰囲気の異なる家具がレイアウトされているて、奥の方はちょとしたバーラウンジになり、神宮の夏の花火も楽しめる。



エントランスは白木のフローリング床、執務エリアは遮音や保温を考えカーペット仕様。その他、トイレの木目のフローリングと白い壁の組合せは、「レトロモダン」な雰囲気でなかなか良い。

| シェアオフィス | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
『SO!Yotsuya』の初披露
正式オープンはもう少し先になりそうだが、今日は、内装と家具が一揃いしたSO!の6番目のオフィス『SO!Yotsuya』を少し披露しよう!

「SO!Yotsuya」は、JR中央線、東京メトロ丸の内線、南北線の「四谷駅」から徒歩3分と言う、便利な立地のシェアオフィスであり、SO!の中では、SO!Oomoriと同様、高めに区画されたブース席と個室:11室がレイアウトされている。


今回は、落ち着いた大人の仕事場というコンセプトでデザインをお願いしたので、従来のSO!のナチュラルモダンなイメージとは少し趣を異にしたデザインは、まさに大人のお洒落という雰囲気である。


 ■執務エリア

    

電球色のペンダントライトに照らされた、一見「癒し空間」のような新感覚オフィスは、まさに、『大人の仕事場』

 
タスクライトが常設されているので、全体的に落ち着いた雰囲気の個室もデスク上の照度は十分明るい。(同形のデスクブースタイプも有り)

 ■Meeting Room

  
『ライト感覚のミーティングルーム』
 窓に面した明るい会議室は、白いテーブルとモダンなフォルムの赤い椅子が映える!


   
 Meeting Roomから見える、新宿通り方面の四谷の景観も悪くない!
| シェアオフィス | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
シェアオフィスの9月空室情報
SO!六番目の『SO!Yotsyuya』のオープンがいよいよ近づいている中、シェアードオフィス「SO!」の9月期の空室情報は下記の通りです。

SO!Akasaka787とSO!Suidobashi362は、ほぼ満席の一方、不思議と、SO!では人気オフィスのSO!Tameike210、 SO!Shinbashi02で、今月も空席がある。移動の少ないSO!Oomoriでは、8月空席の「2人用個室」の入居が決定し、逆に1人用個室に空室発生である。

内覧や入居ご希望の方は、メール又はお電話にて下記事務局迄お問合せ下さい。

内容に関する詳細なお問合せは、こちら から。

 SO!プロジェクト事務局
 電話 03-5157-1351 担当:北村 090-2223-3796

 SO!の9月以降の空室状況

SO!Tameike210 

溜池山王駅から徒歩2分(地下通路12番出口の目の前)というアクセスの良さと、カジュアルなデザインは、アクティブな仕事仲間の集まる魅力のオフィス。


空席: ブース席(52,500円) 4席 


SO!Shinbashi02 

テラス付きのゆったりした共有スペースは人気。虎ノ門法曹ビル隣


空席:ROOM-Aブース席(52,500円) 2席  

SO!Oomori

JR大森駅から1分という立地。
SO!のオフィスでは唯一、受付スタッフ常駐



 空室:1人用個室(52,500円)2室 /固定席(36,750円)1席   

| シェアオフィス | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
シェアオフィス「SO!四谷」始動
暑い中での仕事は有難くないが、Tシャツと短パンで過ごせる夏の休日は好きな時間である!

そうは言っても、昨夜のように朝方まで30度を越えた無風の熱中夜は、さすがに多摩川近くの田舎でも、エアコンのないのがかなり堪えてくる。その分、今日は今夏初めて、屋外プールを楽しめたので、まあ良しとしよう。


ところで、今日の話題は夏の暑さではなく、梅雨明けの8月1日から、いよいよ、SO!の6番目のシェアードオフィス「SO!四谷」の内装工事がスタートしたと言う事である。

一番新しい「SO!Suidobashi362」から2年ぶりの新規オフィスである。

  


現在のところ、正式オープンは9月の中頃を予定しているが、JR四谷駅から3分で新宿通り沿いの「SO!四谷」の概要は下記の通りである

◇住所 :新宿区四谷1-18 オオノヤビル6F

◇デスクレイアウト: 1人用個室:4室、 2人用個室:1室

             1人用ブース席:6ブース


入居諸費用や設備は従来のSO!と大差がないが、従来よりも個室感を重視した高めの間仕切りにて区画されており、デザイン的にも、これまでのSO!より、若干、シックで大人の雰囲気のオフィスになるだろうと思っている。

今回の「SO!四谷」のオーナーもキャリア女性と言う事もあり、一応、「大人の女性」を意識したインテリアをめざした訳であるが、勿論、男性陣も大歓迎である。四谷駅から至近な立地(徒歩3分)を考えると、クリエイターや、士業の方にも注目のオフィスになるだろうと思っている。

いづれにしろ、SO!が設立時からコンセプトとしている、ワクワク、どきどきのシェアオフィスに仕上がってくれれば運営者としては嬉しい限りであるが、SO!ファンの皆さんに、新たな感動を提供できれば幸甚である。ご期待下さい!

尚、現段階での「SO!四谷」に関するお問合せは下記にお願いします。

SO!事務局  
TEL 03-5157-1351  担当 北村(090-2223-3796)

             
| シェアオフィス | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
キーワード検索「レンタルオフィス」
一概にレンタルオフィスと言っても、色々なタイプがある。

最近、一部のメディアや施設事業者にも、そのネーミングが注目されてきた、「シェアオフィス」も広い意味では、レンタルオフィスである。

『起業時のオフィスをローコストで利用できますよ!』という、起業時のコストセービングを全面に押し出した「オフィスのレンタル」ではなく、仕事に関連した業種や仲間が、コストを含む諸々の面でメリットを感じて、『一緒にオフィスをシェア(共有)しょうか!』という共生的志向から生まれたのが、本来のシェアオフィスだと思うから、単に、オフィスを安く貸すという事であれば、ネーミングだけ「シェアオフィス」としても、実態はシェアオフィスとは言えない訳で、それは普通に「レンタルオフィス」とした方が分かり易い。


重要なのは、施設作りの基となるコンセプトがどうなのか?である。

「SO!」は共有オフィスのビジネスをスタートした時から、オープンスタイルのレイアウトを基本としたコミュニティ型シェア施設と言う事で、シェアードオフィス(Shared Office)というネーミングに拘り、かつ、Simpleで StylishなOfficeをめざして、その頭文字をとって、「SO」とし、プラス、ワクワク感を伝えたくて、「!」という記号を付けて、『SO!』というブランド作りをしてきた。(このところの経緯は、当ブログでも何度も何度も書いてきた)

最近、内覧に来られた女性のデザイナーの方に聞いた話だが、都内麹町の近辺に、各種のクリエイターが集まった共有オフィスがあって、そこは、B1と1階にと「工房」まで併設されていて、クリエイターの人達には大変魅力的なシェア施設となっているとの事だが、これなぞは、クリエイターに限定した感のある施設ではあるが、まさに模範的な共生型シェアオフィスと言える気がする。

SO!にもデザイナー中心にクリエイティブな仕事の方も何人もいるが、工房はないし、又クリエイター以外の職種の方々も多いので、前述のような特化したシェアオフィスではないが、逆の意味では、レンタル会議室やシェアサロンを含め、色々な業種の人が多面的に共生できる特別の場所であるとは言える。

ところで、このように、広い意味ではレンタルオフィスの一種ではあるが、オフィスのローコストレンタルが主目的ではなく、空間をシェアする事で生まれる色々なメリットに注目したシェアオフィスやシェアサロンも最近になってやっと世間で認知され始めて来たが、残念ながら、まだまだネット検索での露出度は低い。

先日もSO!オフィスに入居申込みされた女性の方が、以前もシェアオフィスを探していたが、YahooやGoogleの検索サイトで「レンタルオフィス」と言うキーワードで検索したが、SO!のようなシェアオフィスは上位表示されず見つけることが出来なかった。但し、今回、再度、「レンタルオフィス」のキーワードで検索したら、「レンタルオフィス、プラス感動のSO!」(Yahoo検索サイト:16位)がヒットしたと言うSO!と出会えたと言うお話しだった。

これは今年の4月に、SO!OomoriのSEO専門プロジャクトに対策をお願いした成果だと思うが 、前術のクリエイターにターゲットを絞ったシェアオフィスもそうだが、SO!のように、シェアを全面に出した共有オフィスを探す場合に、レンタルオフィスというキーワードでなく、「シェアオフィス」や「シェアードオフィス」というキーワードで検索すれば、簡単にヒットする事を、検索される皆さんが、もっと知って頂ければ一番早いのだが、それが言うほど簡単ではないから厄介なのである。

たけなわの参院選の候補者よろしく、我々も、『シェアオフィス、シェアオフィス、シェアオフィスをどうぞ宜しくお願いします!』と、何度も何度も連呼してみるしかないのだろうか。
| シェアオフィス | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
女性のシェアパートナー募集!
都内千代田区の神田周辺のオフィスでシェアパートナーを募集しています!

  

現在千代田区内神田にオフィスのあるWebの開発・制作の女性デザイナーグループが、9〜10月頃に神田・秋葉原近辺に移転を計画中とのことで、Web制作に関連したクリエイター、Webデザイナー、プログラマー、外国語に堪能なシェアパートナー等(特に女性なら大歓迎)を探しています。

シェア条件は

◇費用 : 1席(2m×2m)50,000円/月の予定。(金額は応相談)

◇設備 : デスク、椅子、カラー複合機、光ファイバー、電話

◇その他施設: ミーティングスペース

◇募集パートナー:クリエイター、Webデザイナー、プログラマー、
            外国語に堪能な方など2〜3名

(注)女性限定ではありませんが、女性グループとのシェアなので出来れば、女性の方を歓迎しますとのこと。


上記、シェアパートナー募集案内に興味のある方は、SO!の「探そう!シェアパートナー」サイトにて詳細(物件No:S-17)を確認の上、シェアリング事務局までお申込み下さい。
| シェアオフィス | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>